ちゅらさん第45話あらすじ「どうしたの?お母さん」

このページでは、NHK朝ドラ「ちゅらさん」の第45話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

ちゅらさん第44話のあらすじで、恵里(国仲涼子)が準備していたゆがふのランチタイムがオープンしました。そこにやってきた黒島(比嘉栄昇)は謝罪しました。

 

ちゅらさん第45話は、黒島が謝罪するところからはじまります。ちゅらさん第45話のタイトルは「どうしたの?お母さん」です。

ちゅらさん あらすじ第45話

黒島
すみませんでした。
兼城
どうした?君名前は?
黒島
黒島です。
エリー
今日からランチタイム始めたんです。黒島さんが美味しいっていってくれたから。何か食べていってください。何にします?
恵文
この人は、何か話したいことがあるみたいさ。
兼城
聞いてみようね。どうした?いってみよう。
黒島
申し訳ありません。

そういってだしたのは、エリーがスーパーボールを探している時に盗まれたお金でした。

黒島
金も仕事もなくて、ぶらぶらしていたら…周りに誰もいなくてもっていってしまって。なんてことをしてしまったかなって思って。何度も言いだそうと思ったんですけど、言い出せなくて。でも、手はつけてません。
兼城
ふざけるな。お金つかわなかったからいいってもんじゃないよ。この子がどんな思いでいたと思うのか。この子は、働いて返させてくれって頼んできたんだよ。俺は、同じ沖縄の人間が恵里ちゃんを悲しませたことが許せないさ。
恵文
黒島くんっていったね。それは、あれだね。神様がそうしてくれたんだね。あんた真面目に見えるさ。きっと、こんなことは初めてだったさ。それが沖縄料理店だったってことは神様が止めてくれたんだよ。
黒島
警察に行ってきます。
エリー
嘘だったんですよね。悪いと思ってそういってくれたんですよね。調子に乗ってしまったかな私。
黒島
嘘なんかじゃないです。八重山の生まれだから、あんたの料理はおいしかった。八重山のてぃだの味がした。涙がでるぐらい美味しかったです。信じてください。
兼城
恵里ちゃん、食べていってもらいなさい。
エリー
はい。
兼城
恵里ちゃんは、お金のこと何も怒ってないんだね。変わった子さ。
黒島
美味しいです。
恵達
でも、美味しいとしか言えないよね。
黒島
いえ、本当に美味しいです。

その後、柴田(村田雄浩)が会社の同僚を連れてゆがふにやってきてくれました。その他のお客さんも、入ってきます。

その頃、沖縄の古波蔵家では、東京旅行の福引をしていました。勝子(田中好子)は3等の黒砂糖でした。おばあ(平良とみ)が引いたのは・・・。

 

一風館では、みづえ(丹阿弥谷津子)の料理をみんなで食べています。

恵達
お母さん。
恵文
恵達!勝子が・・・
エリー
お母さん。
勝子
こんばんは。
エリー
どうしたの?お母さん。

ちゅらさん第45話のあらすじはここまで。ちゅらさん第46話のあらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちゅらさん第46話ネタバレ,あらすじ
ちゅらさん ネタバレ,あらすじまとめ
ちゅらさん全巻DVDはコチラ
ちゅらさん第8週のネタバレ,あらすじ