宮本信子(牧野鈴子/まきのすずこ役)

このページは、朝ドラ「ひよっこ」で、牧野鈴子(まきのすずこ)を演じるキャスト宮本信子みやもとのぶこ)さんについて紹介します。

 

また、宮本信子さんが演じる牧野鈴子がどんな役どころで、見どころがどこにあるのかについても後半に詳しくお伝えしていきます。

 

簡単に説明すると、東京の赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の主人をしているのが牧野鈴子になります。なので、谷田部みね子(有村架純)が東京に行ってから登場する人物になります。

 

詳しい内容は後程詳しくお伝えしていきますのでそちらをご覧ください。その前にまずは、宮本信子さんがどんな女優なのか。これまでどんな作品にでてきているのかみていきたいと思います。

 




 

宮本信子はどんな女優なの?

宮本信子さんは1945年生まれの現在71歳になります。出身は、北海道小樽市になります。夫は、亡くなった映画監督の伊丹十三さんになります。

 

なんといっても、朝ドラ「あまちゃん」の役がぴたっとはまっていましたね。ヒロインの能年玲奈さんの祖母役を熱演していました。あまちゃんのヒットでもう若い世代まで知らない人はいないぐらいの人気になりましたよね。

 

私も宮本信子さんと言えば、「あまちゃん」って印象があります。そんな宮本信子さんですが、これまでにいろんな作品に出演しています。もう上げればきりがないぐらいでてるんですけど、代表的なものだけお伝えしていきます。

 

映画ではなんといっても、「お葬式」や「マルサの女」が代表作品になります。お葬式では、夫の伊丹十三が監督で主演をしヒットしまいた。演技がとてもうまく、どんな役でもこなせる女優としても有名です。

 

テレビドラマでは、朝ドラの常連としてよく出演しています。そのたびに話題になるような演技をしており、NHKとの関係性がいいことがうかがえます。朝ドラは「本日も晴天なり」、「まんてん」、「どんど晴れ」、「あまちゃん」にでています。

 

なので、今回の「ひよっこ」が5作品目になります。朝ドラと同じくNHKの人気のドラマと言えば大河ドラマがありますが、こちらについても「毛利元就」と「天地人」にでています。なので、NHKの出演は多いタイプの女優さんです。

 

ネット上では、あまちゃん以来の朝ドラ登場に喜びの声が多く存在します。私も「あまちゃん」を見ていましたので、「ひよっこ」にも宮本信子さんがでるというのがわかりテンションが上がりました。

 

宮本信子さんは演技がうまいのでどんな役どころでも安心して見られます。なので、今回のひよっこでもどんな役どころで、見どころなんかもお伝えしていきたいと思います。

 




 

ひよっこで牧野鈴子の見どころ

「ひよっこ」で宮本信子さんが演じる牧野鈴子は、東京の赤坂の主人になります。店の名前は「すずふり亭」です。役どころとしては、谷田部みね子が東京にきてからということ世話をやいてくれる人物になります。

 

元々、赤坂で夫と一緒に店をしていたのですが夫が戦争で亡くなってしまいます。しかし、夫の意思を継いで店を必死の思いでやってきています。気軽に食べれる洋食屋として、赤坂で人気の店になっています。

 

みね子の世話を焼いてくれる優しい鈴子なのですが、最初に谷田部家と交流をもったのはみね子の父・実(沢村一樹)でした。なので、みね子が来てからというもの谷田部家との交流が始まっていきます。

 

鈴子は愛情をもって接してくれるので、みね子も鈴子のことを尊敬していていろんな相談をする間柄になります。なので、みね子とどのよに打ち解けていくのかというのが最初の見どころになっていくと思います。

 

一人でこれまで店を切り盛りしてきているので、厳しいところももちろん持ち合わせています。それをみね子がどのように関係をつくっていくのか楽しみですね。それを宮本信子さんがどんな感じの演技するのか。

 

「ひよっこ」の中でも特に楽しみなキャストになりますね。みね子が東京出てからは、牧野鈴子に注目して「ひよっこ」をみていきたいとおもいます。

 



 

あなたにおススメのページ

佐々木蔵之介(牧野省吾/まきのしょうご役)

島崎遥香(牧野由香/まきのゆか役)

磯村勇斗(前田秀俊/まえだひでとし役)

佐藤仁美(朝倉高子/あさくらたかこ役)

有村架純(谷田部みね子・やたべみねこ役)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)