ひよっこ第95話の感想・あらすじ「由香はお節介が嫌い?」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の95話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第95話のタイトルは「由香はお節介が嫌い?」です。

 

ひよっこの94話のあらすじと感想で、高子(佐藤仁美)が太郎(尾上寛之)のところへ嫁に行くと手紙で伝えました。また、島谷純一郎(竹内涼真)のところに父から手紙がきています。

 

その続きとなるひよっこ第95話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ95話のあらすじ

マンガ家の二人は、みね子(有村架純)と島谷の恋の物語をあかね荘の給湯室で考えています。そこに、早苗(シシド・カフカ)がやってきて何を隠したのか。

 

そういって問い詰めると、みね子をモデルにした漫画を見せます。一方のみね子は、すずふり亭の裏庭でルンルン気分で仕事します。それに、高子も一緒になって歌いはじめます。

 

高子になんかいいことあったの?どうせ10円拾っただけでしょと笑う元治(やついいちろう)。しかし、教えないと高子が太郎のことを内緒にしたのでした。

 

一方、省吾の娘・由香(島崎遥香)は喫茶店でジュースを飲んでいます。そこには、父を待つ島谷の姿もありました。島谷の父は、純一郎に現在の経営状況を説明します。

 

島谷の父は、製薬会社の合併をするために純一郎に縁談の話がある。そういって、純一郎に縁談をススメます。しかし、純一郎はみね子の存在を説明して縁談を断ろうとします。

 

その話をずっと由香は聞いていました。純一郎の父は、生まれ育った環境が近い人間と結婚した方がうまくいきやすい。そう説得して、縁談をすすめる。助けてくれと父は息子に頭を下げました。

 

その後、柏木ヤスハル(古館佑太郎)が由香に呼ばれてやってきましたが、由香はみね子のことを聞いて喫茶店を去っていきました。支払いはもちろん、ヤスハルもちです。

 

由香は、その後にすずふり亭に向かいました。みね子に、島谷の縁談の話をするためです。みね子が仕事が終わり出てきたところに由香が声をかけます。

 

由香は、島谷のことだといい月時計にみね子を連れていきました。ひよっこ95話のあらすじはここまで。ひよっこ96話のあらすじにつづく。

 



ひよっこ95話の感想

ひよっこ95話のあらすじについてはなんか、まさかの展開でしたね。由香がみね子のために、そんなお節介をやくとは思えませんでした。なので、すごく驚きました。

 

でも、なんか気になったんでしょうね。みね子がつらい思いをするからなのか?なんなのかはイマイチわかりませんが、普通であればそんなことをしないはず。

 

性格的に、そんなことをするような子ではないですよね由香って。なので、なんか余程気になること。自分が抱えている闇みたいなものとかぶるものがあったのかもしれません。

 

相変わらず支払いは、自分でしてないんですけどね(笑)悪いですよね。でも、どうなんでしょ。縁談の話って言わない方がよかったりしないかな?そんなことも思ってしまいました。

 

当人同士の話の中で出るべきところではないかなと思いますね。なかなか、島谷自身は言いにくいことでしょうけどね。それを乗り越えてこそ、将来一緒になれるんちゃうかなって思います。

 

あと、95話のあらすじの中でもう一つ気になったのが高子の浮かれぶり。これは、みね子もそうでしたけどわかりやすいですよね。元治のどうせ10円拾ったぐらいでしょ。って言葉。

 

その言葉に思わず笑ってしまいましたね。高子の扱いがひどすぎますね。今後、高子は奥茨城村に嫁いでいくのでしょうか。なんか、ホールの先輩がいなくなるのは不安ですよね。

 

島谷のこともあるので、なんか一気にみね子が落ち込まないか心配ですね。ひよっこ95話の感想はここまで。ひよっこ96話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)