ひよっこ第133話の感想・あらすじ「鈴子の複雑な表情」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の133話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第133話のタイトルは「鈴子の複雑な表情」です。

 

ひよっこの132話のあらすじと感想で、富(白石加代子)の恋人が亡くなったことで、鈴子(宮本信子)が心配していましたがみね子(有村架純)が店は助っ人がいるので大丈夫と由香(島崎遥香)のもとに走りました。

 

その続きとなるひよっこ第133話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ133話のあらすじ

由香を強引に引っ張っていくみね子。そのため、由香はすずふり亭にやってきます。そのことに驚く省吾(佐々木蔵之介)と鈴子。

 

鈴子と省吾は由香とどこかよそよそしいところがあります。すると、みね子が仕切りはじめて省吾に料理を少し遅くだすように指示をだします。

 

秀俊(磯村勇斗)には、困ったときのホールの手伝いをお願いします。そして、元治(やついいちろう)には何もないといいます(笑)

 

そして、鈴子は複雑な表情をしながらも富のところに向かい由香は高子(佐藤仁美)が着ていた制服を着ます。みね子は、今までなら余計なおせっかいだからできなかった。

 

でも、お節介でも秀俊の自分の気持ちを大切にしたらどうかなの言葉で、突き進むことができたのだと喜びます。一方、時子(佐久間由衣)はコンテンストの練習にはげみます。

 

早苗(シシド・カフカ)にも男の影が。愛子(和久井映見)は、漫画家二人に省吾の絵を描かせています。愛子も片想いからの脱却に挑戦してみようかなとうごき始めます。

 

由香が高子の制服を着ると、ぶかぶかです。しかし、みね子がウエストを絞って調整をしてあげます。鈴子は、富と一緒に向かいます。しかし、鈴子の目には涙があふれていました。

 

そのことを心配する富なのでしたが行きながら話そうと富と歩いていきます。一方、すずふり亭では由香がオーダーをとってきたら省吾が張り切って声を張り上げていました。

 

みね子は、川本世津子(菅野美穂)のことが載っている週刊誌を買って心配をしていました。ひよっこ133話のあらすじはここまで。ひよっこ134話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ133話の感想

ひよっこ133話のあらすじは、ちょっと複雑な気持ちになりましたね。なんやろ?今のみね子はちょっと立ち入りすぎのような気もします。家族の問題に入りすぎているような。

 

鈴子と省吾はどんな気持ちだったんだろう。省吾は、嬉しそうでしたけどね。鈴子はなんとも複雑な表情をしていました。それがお互いの関係の深刻さを表していましたね。

 

ただ、鈴子の涙は嬉し涙なんかな?久しぶりに孫い会えたうれしさなのかな?それとも、みね子が突然なにも前触れなく連れてきたので悔しかったのでしょうか。

 

なんか、みね子は部外者だから踏み込みすぎなんちゃうってところをずっと感じてしまいました。秀俊に言われて以降のみね子は本当になんか人が変わったみたい。

 

お節介ですよね。それは、いい面もありますが個人的には以前の奥ゆかしいところをもったみね子の方が好きだなって思います。いろんな人に気をつかえるってすごいことですもん。

 

それが自然にできるって、本当に素敵だなって思っていました。秀俊との恋が原因なんですかね。なんか、間もなく二人がくっつきそうな。そんな予感がしますね。

 

また、最後のところで川本世津子の話がでてきましたね。ここでも、みね子のお節介がでてくるのでしょうか。朝ドラ的には、お節介の主人公って多いですけどね。

 

みね子がそうなるのはちょっと抵抗があります。普通の女のコのままでおってほしいなって気持ちが個人的には強いのですが、今後が楽しみですね。ひよっこ133話の感想はここまで。ひよっこ134話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)