ちゅらさん第4話感想「死ぬのは怖い?」あらすじ!

NHKの朝ドラちゅらさん。その第4話は「死ぬのは怖い?」です。ちゅらさん第3話の終わりに、静子が怒ってやめてというところで終わりました。ちゅらさんの第4話は、その続きからスタートします。

 

 

静子「やめて。そういうの。そんな馬鹿なわけないでしょ。そしたら世界中の人がみんなきてるわよ。そしたら治るわけ。そんなバカみたいなこと言わないで。二度と言わないで。」

 

そう言って、泣きながら席をたつ静子。

 

 

伸生「申し訳ありませんでした。」

 

そういって、父親の伸生も席をたちます。

 

 

和也と文也も席をたとうとすると・・・

 

恵文(堺正章)「お父さんに任せておこうね。」

 

 

おばあ(平良とみ)「さあ、もっと食べようね。」

 

泣いている静子。

 

伸生「どうした?和也に笑われるぞ」

 

そう言って静子を抱きしめる伸生。

 

 

 

伸生「でもびっくりしたよ。和也があんなに元気そうになっているなんて。本当にあの恵里ちゃんが言うように治ってくれないかなあ。」

 

そして、寝れずに落ち込む恵里。

 

勝子(田中好子)「起きてた?あのね。恵里。あなたや恵達には言わないでくれって言われてたのだけど。」

 

恵里「なに?」

 

 

 

勝子「和也君がなんで小浜に来たかっていうこと。」

 

恵里「うそでしょ?うそ。」

 

 

 

勝子「うそじゃないよ。恵里」

 

恵里「だって、だって。」

 

 

 

恵里は和也君が死んだりするはずがないと思っていました。翌朝。

 

静子「おはようございます。夕べはどうもすいませんでした。」

 

 

 

勝子「さあ、こちらへどうぞ。」

 

そう言って、食卓を囲みます。そして、和也と文也のお父さんは仕事があるので東京に戻っていきました。

 

子どもたちと、おばあでお墓参りに行きます。

 

 

 

和也「大きいねえ。」

 

おばあ「そうさ。沖縄のお墓はみんな大きいさ。それに、一番いい場所にあるさ。」

 

 

 

文也「東京と違うね。」

 

そうして、準備をしているおばあに・・・

 

 

 

和也「おばあ、おばあは死ぬの怖い?」

 

おばあ「おばあは怖くないよ。」

 

 

 

和也「本当に?」

 

おばあ「本当よ。死んだ人の魂は、生きている人のすぐそばにいるよ。別に遠くにいくわけではないし、だからおばあはちっともこわくないさ。和也君はこわいね?」

 

 

 

和也「僕だってこわくない。」

 

おばあ「そお。恵里、文也くんとあそこの花つんできて。」

 

 

 

そう言って、和也と2人になるおばあ。

 

おばあ「嘘はいけないね。お墓の前で。死ぬのを怖くないっていうのは、おじいやおばあだけが言っていいことさ。あんたのとしでそんなこと思ってはいけないよ。わかるね?」

 

 

 

和也「はい。怖い。死ぬのめちゃくちゃ怖い。」

 

おばあ「それでいいさ。」

 

 

 

 

和也「死ぬってどういうこと?おばあ?」

 

おばあ「おばあもわからんね。でも、人間はきっと死んでからの方が長いかもしれないね。」

 

 

 

花を摘んでいる恵里をよそに、どこか遠くを見ている文也。

 

恵里「文也君」

 

 

 

 

文也「うん?」

 

恵里が笑わそうと変な顔をしています。

 

 

 

 

文也「やめろよ。ばか。ブス。」

 

恵里「今、なんて言ったね?」

 

 

 

文也「だって、ブスじゃんかよ。」

 

恵里「小浜で一番のキレイって言われてるんだよ。」

 

 

 

 

文也「500人もいないし、おばあばっかしじゃねえかよ。」

 

恵里「言ったねえ。でも確かにそうか。東京にはかわいい子たくさんいるの?」

 

 

 

文也「そうでもないよ。」

 

恵里「ふ~ん。」

 

 

 

食卓を囲んでいる上村家と古波蔵家で話をしています。

 

勝子「無人島ってかやま島のことね?」

 

 

 

恵里「うん。ねっ。」

 

和也「うん。」

 

 

 

恵文「長らくいってないね。あそこも。」

 

和也「いいでしょ。お母さん。」

 

 

 

 

静子「う~ん。でもねえ。」

 

勝子「大丈夫なの?和也君」

 

 

 

和也「大丈夫です。ねえお母さん。」

 

文也「お母さんも行かなきゃだめだよ。」

 

 

 

恵達「僕も行く。」

 

恵里「低学年はどうかね?」

 

 

 

恵達「やだ。絶対いく。」

 

恵文「じゃあ、いくかね。みんなで。」

 

 

 

 

恵里「やったあ」

そういって、無人島に行く恵里たち。

 

ちゅらさん第4話のあらすじはここまでです。ちゅらさん第5話のあらすじにつづく。

 

 

ちゅらさん第4話の感想

 

今回は、静子さんが取り乱すところがありましたがその他は、緊迫した感じはありませんでした。でも、この年齢で死ぬことを考えるっていうのは、正直重たいですよね。生きること。死ぬこと。

 

 

おばあの言葉にそのすべてが詰まっているかもしれません。私も、少なからず、死について考えさせられました。

 

第5話では、みんなで無人島に行くことになります。いい思い出になればいいのですが、はたしてどうなるのでしょうか?注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)