柴田理恵(角谷きよ・すみたにきよ役)

このページは、NHK朝ドラ「ひよっこ」の角谷きよすみたによき)を演じるキャスト柴田理恵(しばたりえ)さんについて紹介しています。

 

また、それと同時に柴田理恵さんがえんじる角谷きよが「ひよっこ」の中でどんな役どころなのか。見どころはどこにあるのかについても詳しく後半に解説していきたいと思います。

 

簡単に説明すると、息子の角谷三男(泉澤祐希)がヒロイン・谷田部みね子(有村架純)の幼馴染という間柄になっています。その三男の母親役が角谷きよになります。

 

詳しい内容については後半をご覧いただけたらと思います。その前に、まずは柴田理恵さんがどんな女優なのか。これまでどんな作品に出演してきているのかについてみていきます。

 




 

柴田理恵はどんな女優なの?

柴田理恵さんは、1959年生まれの現在58歳になります。出身は、富山県になります。皆さんもテレビのバラエティー番組で見たことあるとおもいますが、柴田理恵さんはお笑いタレントと言う方が適切かなと思います。

 

元々は、劇団に所属していた女優さんになります。現在もバラエティー番組に多数のレギュラー番組をもちます。特に、久本雅美と同じ事務所で共演も多くあります。

 

ただ、純粋にお笑いをずっとやっているかと言うとそんなことはありません。しっかりと女優業も行っていて、映画やドラマにも多数の出演をしています。フジテレビ系のちびまる子ちゃんでは、はまじの母親という渋い役をしていました。

 

NHKでは、古くは週間こどもニュースも出演していましたし、2011年に「マドンナ・ヴェルデ」にもでています。ただ、ほかのテレビ局に比べるとどうしてもNHKは少ないという印象を受けますね。

 

民放の場合は、バラエティーにドラマに多数出演していますので、NHKでももっと活躍することができるタレントさんだと思います。それぐらいの実力、人気、知名度が芸能人としてあります。

 

なので、今回の「ひよっこ」をきっかけにNHKでもどんどんでてくれることを期待したいです。柴田理恵さんみたいな愛されキャラは本当にどんな番組でもいいので重宝されるでしょう。

 




 

ひよっこの角谷きよの見どころ

そんな柴田理恵さんが朝ドラ「ひよっこ」の中で演じる角谷きよは、三男の母になります。農業を大きくやっているために息子の三男には、どうしても口うるさく手伝うようにいう母親になります。

 

しかも、お米だけでなくリンゴ栽培も手掛けているので年中忙しくしています。口やかましいところはありますが、根はやさしいお母さんです。誰よりも三男のことを想い涙を流すシーンなどもあります。

 

なので、柴田理恵さんにぴったりかなと思います。ドラえもんを読んで感動して泣くぐらい感受性がある柴田理恵さんはぴったりのキャストだと思います。日ごろの息子との関係にあなたもきっとあるあると思ってしまうでしょう。

 

一番の見どころとしては、口うるさく言っている母親が実はとても愛情たっぷりに息子のことを想っているシーンになる、三男が東京に出ていくシーンになります。このシーンは誰にでもあることですが思わずもらい泣きしてしまいそうな予感です。

 

日ごろ子育てに追われているあなたが見ると間違いなく泣けるかなと思います。そんな愛情溢れる角谷きよの演技を柴田理恵さんがどのようにするのか。そこもまた楽しみの一つになりますね。

 



 

あなたにおススメのページ

泉澤祐希(角谷三男・すみたにみつお役)

有村架純(谷田部みね子・やたべみねこ役)

佐久間由衣(助川時子・すけがわときこ役)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)