ひらり第53話あらすじ「みのりの涙」

このページは、NHK朝ドラ「ひらり」第53話のあらすじ,ネタバレを吹き出し(会話形式)でわかりやすくお伝えします。

ひらり第52話のあらすじで、ひらり(石田ひかり)が東京に帰ってくる日がやってきました。ひらりは、お土産いっぱい買っていました。

 

ひらり第53話のあらすじは、小三郎(島田正吾)が再び倒れたところからはじまります。ひらり第53話のタイトルは「みのりの涙」です。

ひらり第53話あらすじ

小三郎(島田正吾)が再び倒れました。ひらり(石田ひかり)たちが秋田に行っていた間の出来事でした。

ひらり
連絡くれれば、飛行機で帰ってきたのに。

そういって、ひらりは涙します。

小三郎
たいしたことないから、泣くことない。竜太先生が大丈夫って言ってくれてんだから。
ひらり
ちゃんと、みてくれた?
小三郎
さっきも、来てくれて・・・。若いのに名医だよ。
ひらり
良かった。竜太先生にお土産買ってきて。

小三郎は、高血圧症で今すぐ命に別状はありませんが、絶対安静の状態でした。そのため、小三郎がしている質屋は難しい状況でした。

洋一
お父さん、元気になるまで店を閉めた方が良いと思います。
小三郎
いや、明日から店にでる。座っているだけだ。ここにおるのと同じだよ。客が来る以上、看板は下ろせん。
洋一
看板より、体でしょう。
小三郎
体より看板だ。帳場に座っているのが、俺の健康法だ。
洋一
頑固はやめてください。

そこに、ゆき子が口を挟みました。

ゆき子
私が帳場にすわります。お店のことはわかりませんので、いちいちお父さんに聞くかもしれませんが、それでも良ければやられてください。

小三郎は、ゆき子にお願いしました。

 

ゆき子が自分からはっきりと主張したのは、初めてでした。洋一(伊武雅刀)は嫌そうな顔をしていたことで、ひらりは家族の歯車が崩れる音がしたような気がしました。

みのりは、秋田から帰ってきた明子(池内淳子)に見合いのことを報告しました。

梅若明子
こっちこそ、本当にごめんね。私がちゃんと間を取り持てばよかったのに。
みのり
いえ、会ってみてそれほどタイプじゃなかったから、気にしないでくださ・・・

そういいかけている途中で、みのりは泣き出してしまいました。ひらり第53話のあらすじ,ネタバレはここまで。ひらり第54話のあらすじ,ネタバレにつづく



あなたにおススメのページ

ひらり第54話のあらすじ,ネタバレ
ひらり第8週のネタバレ,あらすじ
ひらり あらすじ,ネタバレキャストまとめ