ひらり第49話あらすじ「ガキには言えない」

このページは、NHK朝ドラ(連続テレビ小説)「ひらり」第49話のあらすじ,ネタバレを吹き出し,会話方式でわかりやすくお伝えします。

ひらり第48話のあらすじで、みのり(鍵本景子)と竜太(渡辺いっけい)が見合いすることになりました。

 

ひらり第49話のあらすじは、ひらり(石田ひかり)が秋田の竿灯を楽しみにしているからはじまります。ひらり第49話のタイトルは「ガキには言えない」です。

ひらり第49話あらすじ

ひらり(石田ひかり)は、秋田の竿灯を楽しみにしていました。ひらりは、竜太(渡辺いっけい)を誘います。

ひらり
竜太先生も一緒に行かない?秋田の竿灯
竜太
あれ、すごいらしいなあ。
ひらり
行こうよ。
竜太
行こうか。

ひらりが喜ぶ中、竜太は手帳を開きました。

竜太
ダメだ。明日の夜、女将さんと約束がある。
ひらり
ウソ。女将さんも秋田に行くのよ。

竜太は、慌てて女将さんに電話をしました。すると、やはり約束はそのままでした。

竜太
約束は、そのままだって。秋田には、行けねえ。
ひらり
約束ってなに?
竜太
ガキにはいえない。

ひらりは、竜太の約束が見合であること。しかも、その相手がみのり(鍵本景子)であることを知る由もありませんでした。

ひらり第49話のあらすじ,ネタバレはここまで。ひらり第50話のあらすじ,ネタバレにつづく



あなたにおススメのページ

ひらり第50話のあらすじ,ネタバレ
ひらり第8週のネタバレ,あらすじ
ひらり あらすじ,ネタバレキャストまとめ