ひらり第45話あらすじ「ゆき子の味噌汁」

このページは、NHK朝ドラ「ひらり」第45話のあらすじ,ネタバレを吹き出し,会話方式でわかりやすくお伝えします。

ひらり第44話のあらすじで、ゆき子(伊東ゆかり)は洋一(伊武雅刀)と約束していたバーで偶然、根本(綿引勝彦)と会いました。

 

ひらり第45話のあらすじは、ゆき子が味噌汁をだすところからはじまります。ひらり第45話のタイトルは「ゆき子の味噌汁」です。

ひらり第45話あらすじ

ゆき子(伊東ゆかり)の心の変化に最初に気づいたはひらり(石田ひかり)でした。

洋一
珍しいな。今朝は、みそ汁か。
ゆき子
朝は、和食がいいんでしょ。

洋一(伊武雅刀)は、朝食は和食希望です。しかし、小三郎(島田正吾)も含めて、全員がパンなので1人分だけ和食を作ることはなく、洋一も渋々パンを食べていました。

洋一
なんか、いいことあったのか。
ゆき子
なにもないわよ。

2人のやりとりを聞いていた、ひらりはみのりに小声でいいます。

ひらり
お母さん何かいいことあったのかな?
みのり
ないわよ。
ひらり
昨日、絶対横浜でいいことあった。

ひらりは、ゆき子になにかいいことが絶対あったはずだと、みのりに話続けます。

みのり
けしかけないでよ。お母さんに。
ひらり
いやあ、恋だよ。お母さん、恋してるのよ。

一方、梅若親方(伊東四朗)から梅若部屋存続のため相談された洋一(伊武雅刀)のところに、明子(池内淳子)がやってきます。明子は、梅若には内緒でやってきていました。

梅若明子
私の実家、嵐月を売ってお金を作ろうと考えています。なので、融資しないでいただけますか。
洋一
親方は、そのことをご存知なのですか?
梅若明子
いえ、それしか方法がないんです。

その頃、金太郎(花沢徳衛)に木遣りを習っていた芳美(吉宮君子)はけんかして傷だらけで帰宅した銀次(石倉三郎)に好意を抱いていました。

ひらり第45話のあらすじ,ネタバレはここまで。ひらり46話のあらすじ,ネタバレにつづく



あなたにおススメのページ

ひらり46話のあらすじ,ネタバレ
ひらり第8週のネタバレ,あらすじ
ひらり あらすじ,ネタバレキャストまとめ