ひらり第43話あらすじ「竜太の落ち込み」

この記事は、NHK朝ドラ(連続テレビ小説)「ひらり」第43話のあらすじ,ネタバレを会話形式(吹き出し)でわかりやすくお伝えします。

ひらり第42話のあらすじで、ひらり(石田ひかり)が誘い、すみれ(阿知波悟美)が梅響(松田勝)の朝稽古を見にやってきました。

 

ひらり第43話のあらすじは、エディ(マーシー)に手紙がくるところからスタートします。ひらり第43話のタイトルは「竜太の落ち込み」です。

ひらり第43話あらすじ

エディ(マーシー)にハワイから手紙がやってきました。手紙の内容は、ハワイに住む母親が重い病だといいます。

ひらり(石田ひかり)と梅若部屋の力士たちは、エディを励ますために、「ハワイデー」という催しを企画して行います。しかし、エディは余計にホームシックになってしまいます。

 

一方、竜太(渡辺いっけい)は、ひらりに講義を継続していました。しかし、大学の医学部の会報に同僚の論文が掲載されていました。

ひらり
竜太先生、どうしたの?元気ないけど・・・
竜太
同僚の論文が会報にのって・・・
ひらり
それで、落ち込んでるんだ。んじゃ、一緒に飲みに行こう。

ひらりは、竜太をさそっての飲みに行きました。

 

その頃、みのり(鍵本景子)は竜太とすると言っていた結婚のウソがバレてきてしまいます。ひらり第43話のあらすじ,ネタバレはここまで。ひらり第44話のあらすじ,ネタバレにつづく



あなたにおススメのページ

ひらり第44話のあらすじ,ネタバレ
ひらり第8週のネタバレ,あらすじ
ひらり あらすじ,ネタバレキャストまとめ