ひよっこ第75話の感想・あらすじ「イエスタデー」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の75話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第75話のタイトルは「イエスタデー」です。

 

ひよっこの74話のあらすじと感想で、宗男(峯田和伸)がビートルズが日本にやってくることを興奮して、みね子(有村架純)に電報をおくります。その「ビートルズガヤッテクル」という電報を受けてみね子はぽかんとしました。

 

その続きとなるひよっこ第75話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ75話のあらすじ

宗男が家でそわそわしています。カンカンをたたいて興奮しています。そこに、妻の滋子(山崎静代)が部屋に入ってきてサボっているのか。

 

ビートルズが茨城に来るのかと怒られます。すずふり亭で、みね子は休憩中に宗男のことを説明します。変な人だけど、いい人だという。

 

鈴子(宮本信子)の提案で、あんみつを裏庭でみんなで食べることになりました。ヤスハル(古館雄太郎)は甘いのが苦手なので、一人ところてんを食べています。

 

そこで、みんなでビートルズの話をして盛り上がります。ビートルズは苦手というひとがたくさんいます。すると突然、やるかと言って男性陣が歌いだします。

 

柏木一郎(三宅裕司)、省吾(佐々木蔵之介)、元治(やついいちろう)、福田五郎(光石研)が歌った曲は「ラブユー東京」です。熱唱する4人にみね子たちは手拍子をします。

 

歌が終わってみんなで盛り上がりました。元治がなんで秀俊(磯村勇斗)になんで歌わないんだといい、ソースを混ぜるときにいつも歌っていると省吾にも言われました。

 

ヤスハルはビートルズが好きだと言って話をしようとすると、元治がわって入って言えなくなります。宗男の電報のおかげでワイワイ楽しい会になります。

 

あかね荘の住人の間にも、ビートルズがやってくると話題になっています。早苗(シシドカフカ)も好きだという。島谷純一郎(竹内涼真)は、クラッシックの方が好きだけど「yesterday」だけは好きだといいます。

 

イエスタデーの歌詞は、男が去っていった恋人の歌をうたっているけど・・・大切な人が突然目の前からいなくなってしまう。悲しいことは突然やってくる。

 

どうしていなくなってしまったのかわからない。昨日はあんなに楽しくてすべてが輝いていたのに。そういわれたみね子は実(沢村一樹)のことを思い出してしまいます。

 

そして、島谷純一郎はみね子のことを想ってごめんというのでした。ひよっこ75話のあらすじはここまで。ひよっこ76話のあらすじにつづく。




ひよっこ75話の感想

ひよっこ75話のあらすじは、ビートルズの話題で持ち切りの回でしたね。ちょうど、みね子が実のことで悩んでいたのでそれがプラスの作用をしましたよね。

 

元気づけられるきっかけになったというか。鈴子や省吾もなんとかみね子のことを元気づけなければいけないのかなって思っていた矢先だったので良かったですよね。

 

でも、いつもみね子を見ていて思うのは本当に恵まれているなあってことです。みね子が日ごろから一生懸命頑張っているからなんだろうけど、周囲に人が集まってきます。

 

そのため、困ったときにいろんな人がたすけてくれるんですよね。そんなことを今回のひよっこで感じましたね。しかし、宗男の妻・滋子は怖いなあって思いました。

 

ビートルズがどうしたっていう気持ちは、他の女性も同じかもしれませんけどね。奥茨城村で働く農家にはまったく関係ない。そう思う人がほとんどだと思います。

 

この辺りは、男性と女性の違いかもしれませんね。宗男の興奮は理解されないままみたいな。あと、あかね荘で島谷純一郎がイエスタデーについて語ったのはびっくりでしたね。

 

なんか、恋愛の歌って認識だったのでそんな詩を考えることもできるのかと驚きました。ただ、みね子を見てると島谷純一郎のことが徐々に好きになってきたかもって感じですね。

 

他の人との時と笑顔が違うというか感じがまったく違いますね。ここの進展についても楽しみですね。ひよっこ75話の感想はここまで。ひよっこ76話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)