ひよっこ第74話の感想・あらすじ「早苗の怒り」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の74話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第74話のタイトルは「早苗の怒り」です。

 

ひよっこの73話のあらすじと感想で、なぜ実(沢村一樹)がいなくなったのか。その当日の行動がわかりました。そのことに涙するみね子(有村架純)。そして、美代子(木村佳乃)と電話しているところをあかね荘のメンバーが聞いてしまいます。

 

その続きとなるひよっこ第74話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ74話のあらすじ

電話を切った後に富(白石加代子)に泣きながらお礼をいったみね子。富は、早苗(シシドカフカ)の田舎からと甘いものをみね子の口に運びました。

 

みね子は、部屋に戻り号泣します。一方、あかね荘の住人たちはうどんを食べずにいます。そして、なぜか早苗が怒っていました。そこに、みね子がやってきました。

 

みね子も早苗が怒っていることに気づきます。早苗はみね子のせいだというのでした。早苗は、父親が行方不明なわけ?そういって、みね子が話さなかったことに怒っているのです。

 

みね子は、言いたくなかったから。可哀想な女の子だっておもわれたかった。普通の女の子でいたかった。それだけの気持ちで言っていなかったと語るのです。

 

啓輔(岡山天音)が話の続きはうどんを食べながらで・・・というと、みね子が食べますといって食べながらこれまでの経緯を早苗たちに話ました。

 

早苗は、もし父親がみつからなかったら今のままずっと働いていくのかと確認します。みね子は、そんなことはわからないというのでした。

 

早苗は、漫画家志望の二人が売れるよりも見つかる可能性はあると励ましたのでした。一方、谷田部家では宗男(峯田和伸)が実の話を聞きにやってきています。

 

そこで、宗男が見た新聞になにか興奮しています。そして、電報をみね子に打ちます。ひよっこ74話のあらすじはここまで。ひよっこ75話のあらすじにつづく。




ひよっこ74話の感想

ひよっこ74話は、早苗とみね子が更に仲良くなったという回でしたね。嫌味をいうけど、心の底は優しい。早苗にはそんな印象を受けました。

 

あんなに強がって見えて、それでいて本当は優しい。あんなタイプ私は好きですね。素直になんで話してくれなかったの。もっと仲良い関係だと思っていた。

 

そういえばいいけど、それができないのが早苗という人物になるのかなって思います。周囲からするとわからないので、迷惑ですけど心がわかれば打ち解けれる間なのかなって思います。

 

こういうちょっと攻撃的な人って案外、攻められるのに弱かったりしますからね。だからこそ、強がって攻撃的にするみたいなところがあります。

 

ただ、みね子の対応もバッチリだと思います。おかげで、なんかさらに仲良くなれたって気がしましたね。あかね荘の住人の中で、大事なのは早苗と富だと思います。

 

ここを押さえておけば、そんなに住みにくいことはないのかなって思います。でも、なんか島谷純一郎(竹内涼真)の感じも気になりますね。

 

みね子のことをそっと見守ってくれているみたいな印象をうけます。漫画家志望の二人は、ボケ担当みたいな感じですけどね。最後のところで、奥茨城村のボケ担当の宗男から電報が来ていましたね。ビートルズが来日するので、あんなに興奮していたんですね。

 

あの新聞見たときの雄たけびを見ると、大丈夫かな?って思ってしまいますよね。ひよっこ74話の感想はここまで。ひよっこ75話の感想につづく。




あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)