ひよっこ第57話の感想・あらすじ「入社の壁」

壁
このページは、朝ドラ「ひよっこ」の57話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第57話のタイトルは「入社の壁」です。

ひよっこの56話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は「すずふり亭」で働くことを鈴子(宮本信子)から働きかけました。そのことに喜ぶみね子。

その続きとなるひよっこ第57話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。



ひよっこ57話のあらすじ

みね子は、省吾(佐々木蔵之介)からウチで働くことになったのと聞かれて、そうなんですと元気よく答えます。そのことを秀俊(磯村勇斗)も喜びます。

秀俊は、ホールとキッチン両方しているから誰でもよかったからホールしてくれる人が入ると嬉しいと喜びます。すると、高ちゃん(佐藤仁美)のOKでたんだよねと元治(やついいちろう)が話します。

そこに、高子もやってきたので・・・鈴子がそのことを話すために、みね子を外に連れだします。鈴子は、ホールに最終面接がある。その面接を高子がするのだという。

みね子が高子とはうまくやっていける自信があるというのです。すると、鈴子は高子が自分よりもいい女がホールにいることが許されないのだと説明されます。

なので、高子よりもいい女だったら採用されないのです。これまで、数々の女性が落ちているのも高子が自分よりもキレイな人を落とすからだといいます。

そして、いざ・・・みね子が高子との最終面接に向かいます。高子は、みね子にあんみつ食べる?そういって合格を伝えられました。そのことを喜ぶみね子。

鈴子は、いざとなったら鈴子命令で採用しようかと思っていたといいます。みね子は、合格の理由を高子に聞きます。

それに対し、高子は純粋に一緒に働きたい人かどうかを見ていた。そう話すのでした。ひよっこ57話のあらすじはここまで。ひよっこ58話のあらすじにつづく。




ひよっこ57話の感想

ひよっこ57話のあらすじは、みね子の採用にもうひとつの壁を突破した回でした。しかし、店主以上に採用の権利をもっているって高子すごいですよね。

普通、そういった人を雇う権利って上の人のような気がするんですけど。もちろん、鈴子のいうように同じホール係の高子との相性も重要だとは思うんですけどね。

それだけ何度も落ちているのであれば、いい加減顔で選ぶなって言ってしまいそうですよね。でも、高子なりに一緒に働きたいと思うひとかどうかで判断していたんですね。

その言葉聞いて思ったのは、それって高子の気持ちでどうにでもなるやんって思ってしまいました。顔も含めて一緒に働きたいとかってなるんじゃないの?

そんなことを想ってしまいました。でも、みね子はよかったですね。もし、落ちたとしても鈴子命令を下してくれそうな感じだったので採用は決定みたいな状況だったんですけどね。

それでも、一緒のホールの高ちゃんも採用って言ってくれたのは大きいですからね。今後、みね子はすずふり亭で働くことになりましたけど、うまくいくのでしょうか。

いち早く愛子(和久井映見)にも報告しなあかんですね。愛子もきっとすごく喜んでくれると思いますし。それにしても、今回はとっても冷や冷やしました。

みね子が失業中なので、落っこちたらどうしようみたいな気持ちになってしまいました。ひよっこ57話の感想はここまで。ひよっこ58話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

ひよっこ第58話の感想・あらすじ「はじめての一人部屋」

ひよっこ第56話の感想・あらすじ「みね子の笑顔」

ひよっこ第10週ネタバレ・あらすじ「みね子ワン、入ります」

ひよっこ ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)