ひよっこ第47話の感想・あらすじ「鈴子に見せた涙」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の47話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第47話のタイトルは「鈴子に見せた涙」です。

 

ひよっこの46話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)の会社では業績の不振から、給料が1割カットされました。そのことに落ち込む乙女寮のメンバー。

 

その続きとなるひよっこ第47話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ47話のあらすじ

給料が今月から少し下がりました。しかし、それでも仕送りの金額は変更しませんでした。そのため、懐が寂しいです。乙女寮のメンバーでいつも通り銭湯に行った帰りのことです。

 

幸子(小島藤子)がみんなに元気だそうと焼き芋をみんなに買います。ほかのメンバーが遠慮する中、幸子は自分が一番給料もらっているんだからといって焼き芋を購入して食べます。

 

その焼き芋を売っているところで、つけられていたトランジスタラジオを見てみんなで頑張ることを決意しました。みね子は、給料の度に行く「すずふり亭」を伺いました。

 

みね子は、順番に値段の高いものに挑戦していました。しかし、今回はビーフコロッケに戻ります。一番最初に食べたものです。みね子は、周囲を見渡して寂しくなりました。

 

思わず涙がこぼれます。その様子をみて、鈴子(宮本信子)がみね子を裏に連れ出します。そこで、みね子は鈴子に給料がカットされたことを正直に伝えます。

 

鈴子がお金の支払いなんてしなくてもいいというのですが、それは嫌だとみね子は断るのです。みね子は、自分で働いたお金でここで食べることが東京での目標なのだ。

 

そう涙ながらに鈴子にいうのでした。それを抱きしめる鈴子。ひよっこ47話のあらすじはここまで。ひよっこ48話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ47話の感想

ひよっこ47話についてもいつも通りといいますか感動しましたね。みね子は、弱いようにみえてしっかりと強い意志をもっていますよね。鈴子にお題いらないって言われたら甘えてしまいそうな。

 

でも、それはできないとしっかりと断るところがみね子の芯の強さなんだと感じました。自分が作ったルールって守りたい。東京で時子(佐久間由衣)みたいになにかを成し遂げたいわけでない。

 

だからこそ、自分がたてた目標だけは本当に守りたい。だからビーフコロッケ食べたときも忸怩たる思いをもっていたのだと思います。それで、思わず涙があふれてしまったんですね。

 

その気持ちすごくわかりますね。なにか目標をもって生きていきたい。自分のささやかな目標としてこの店で月に1回だけの楽しみをつくっていきたい。

 

そんな思いがあるんでしょうね。私の家でも、必ずどんなことがあっても月1回は外食するって決めています。裕福な今とは比較にはなりませんが、それが達成できなかったときの悔しい気持ちに似ているのかもしれません。

 

でも、かわいらしいですよね。自分には、なにも目標がないからそういったことを目標にするところが。そんなところが私がこれまでのいろんな朝ドラのヒロインよりも「みね子」が好きな理由ですね。

 

父親が失踪したために、自分が働く。妹と弟を高校にまでやるんだって気持ちがすごくある。のんびり屋さんだけど、実は芯が強い。そんなみね子にすごく大きな魅力を感じますね。

 

また、みね子だけでなく「ひよっこ」に登場する周囲の人もすごくあたたかいんです。だから、すごく好きなんです。ひよっこ47話の感想はここまで。ひよっこ48話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ

ひよっこ第48話の感想・あらすじ「淡い初恋の終わり」

ひよっこ第46話の感想・あらすじ「三男のお盆」

ひよっこ第9週ネタバレ・あらすじ「小さな星の、小さな光」

ひよっこ ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)