ひよっこ第30話の感想・あらすじ「初めての休日」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の30話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第30話のタイトルは「初めての休日」です。

 

ひよっこの29話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は、初めてミスをせずに一日を終えることができました。それをみなで喜びあいます。

 

その続きとなるひよっこ第30話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ30話のあらすじ

三男(泉澤祐希)が働いているのは、日本橋の小さなお米屋さんです。従業員は、三男だけです。米屋の娘・安倍さおりが三男のことをご飯だと呼びます。

 

三男が残りの仕事をしていると、主人の安倍善三が飯だからこいと呼ばれています。三男は、二人だけで食べてくれるかなと小言をいってる。

 

さおりは、パンが好きで善三はお米です。なので、どっちを食べるかでもめていました。一方のみね子たちは初めてのお休みです。日曜日だけのお休みなので貴重な休みでした。

 

先輩の優子(八木優希)は、楽しくってはしゃぎすぎたと言って休んでいます。幸子(小島藤子)は、デートです。そのことを羨ましがる時子(佐久間由衣)や豊子(藤野涼子)たち。

 

幸子はおしゃれしてます。時子は、テレビ局とか映画会社をみてまわる。澄子(松本穂香)は休みがあって幸せなので、ずっと寝ているという。豊子は勉強。

 

そこに、愛子(和久井映見)がやってきてみね子に荷物が届いているといいます。愛子は、千葉にお墓参りに行くという。戦争で亡くなった大切な人の墓参りだと話します。

 

みね子は、手紙をかけていないので手紙を書いて赤坂のすずぶり亭に行くといいます。みね子はまだ話してなかったんだと言いながら、実(沢村一樹)が失踪したこと。

 

そのために、東京で働くことになったと説明しました。そして、すずぶり亭は実も美代子(木村佳乃)もお世話になっているので挨拶にいこうと思っているのでした。

 

そこに、みね子に会いに綿引正義(竜星涼)がやってきました。ひよっこ30話のあらすじはここまで。ひよっこ31話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ30話の感想

ひよっこ30話の感想を一言でいうと静かな回でした。泣くシーンとかはとくにないけど初めての休日で個々でいろんなところに行くというストーリーでしたね。

 

中でも面白かったのは、三男ですね。なんか完全に家族経営のところで働いているのでやりづらそうでしたね。従業員がもっといれば話も違うんでしょうけどね。

 

なんか、あの感じだと米屋の娘・さおりに好かれていそうな感じがしました。三男に恋してるのかな?なんかきになりますね。

 

一方のみね子は、初めてみんなに東京に来た理由を話ましたね。父親が失踪したことを話たときは、みんながしんみりとしてしまっていました。

 

愛子の話もそうだし、澄子の話もそうでしたが・・・みんなしんみりの内容でした。幸子だけが唯一になるんかな?デートって明るい話なのは。

 

豊子と時子も前向きな話なのでいいんですけどね。どうしても、この時代の背景にはそういった暗い部分もあるということなんで仕方ないですよね。

 

そして、綿引がきているところをみんなにあれだけ注目されるとみね子としては恥ずかしいですね。まったく知らない相手なわけで。だから余計に恥ずかしい。

 

乙女寮は、女子寮だけにそういうのって敏感なんでしょうね。スクープみたいにそわそわ。綿引がかっこいいというのもあるんでしょう。みね子の彼氏?

 

なんて疑問をみんなが感じていたのかもしれませんね。乙女寮のみんなは、これで綿引のことを覚えたので積極的な女子は狙っていくかもしれませんね(笑)

 

なんか、綿引もなんかまっすぐな感じがするので今後どのような展開になるのか楽しみです。ひよっこ30話の感想はここまで。ひよっこ31話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)