ひよっこ第22話の感想・あらすじ「涙の卒業式」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の22話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第22話のタイトルは「涙の卒業式」です。

 

ひよっこの21話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)の就職先が時子(佐久間由衣)と一緒の工場になりました。

 

その続きとなるひよっこ第22話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ22話のあらすじ

奥茨城にも春がきました。今日が卒業式になります。みね子は、東京で買ってきてくれた靴を履いて卒業式に参加します。美代子(木村佳乃)に挨拶をして卒業式に向かうみね子。

 

みね子は、妹のちよ子(宮原和)に自転車があんたのになるから大事にするんだよと伝えます。茂(古谷一行)にも挨拶をして自転車こいでバス停に向かうみね子。

 

時子も君子(羽田美智子)と挨拶をしていると、君子が私がいかなくて本当にいいのかとぐいぐい迫ってきますが、いいって何度もいってるべと軽く断られます。

 

三男(泉澤祐希)もきよ(柴田理恵)に挨拶すると、さっさと帰って手伝え。そう厳しい言葉で送りだします。すると、「今日までありがとうございました。行ってきます。」と三男が挨拶すると、きよはびっくりしてはしごから転げ落ちます。

 

バスの中では、みね子は泣かないと二人にいいますが三男と時子にみね子は絶対なくって言われます。次郎(松尾諭)は奥茨城村名物の三バカ高校生を載せるのも最後かと笑いながらいいます。

 

一バカでしょと反論する時子ですが最後のバスを和やかな雰囲気で過ごします。一方、美代子のところに君子ときよが「仰げば尊し」を歌いながらやってきています。きよは、わざと厳しくしていたから私のこと嫌いなんだ?

 

そんなことを心配しています。君子と美代子はそんなことはないときよのことを励まします。そのことに涙するきよ。それにつられて美代子と君子も大泣きしていました。

 

みね子はというと、卒業式で大泣きをしていました。時子と三男も東京で頑張ろうと言い合い泣いています。みね子はお父さん高校生活ありがとうございました。

 

みね子は幸せでした。そう実(沢村一樹)に話かけるのでした。ひよっこ22話のあらすじはここまで。ひよっこ23話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ22話の感想

ひよっこ22話の感想を一言でいうと青春やなあって思いました。なんか、もうそんな感情を忘れてしまいましたけどね。でも、やっぱり高校の卒業式とかっていいですね。

 

新しい旅立ちの時って感じで、もう何十年も前ですけどいまでも覚えています。私も確かみね子と同じように泣きました。ただ、ただ泣きましたね。なんか、ずっと別れが辛くて切なくて。

 

でも、それって今思えばほんとうにいい思い出なんです。大学の卒業以上に高校の卒業の方が私もしっかりと思い出に残っています。きっと、それだけ青春だったんだと思います。

 

高校を卒業したら、親も一段落って思いがあったんでしょうね。だから、ああやって集まってみんなで泣きあいます。きよが私は嫌われているかも・・・っていっていましたがあんなお母さんほど子供には好かれていますよね。

 

厳しいんですけど、あんなお母さんこそ子供はマザコンだったりします。三男が卒業式に挨拶に行く前に、はしごで倒れたのにはビビりましたけどね。でも、それもまたきよらしいなと(笑)

 

完全に、柴田理恵さんが演じるきよは「ひよっこ」の中ではお笑い担当です。男なら宗男(峯田和伸)で女ならきよみたいな感じですね。今後は変化があるのかもしれませんが。

 

私も子をもつ親なので、どうなんでしょう。やっぱり高校を卒業したぐらいでひと段落するんでしょうかね。なんか、やっと大人になるまで育てたみたいな。

 

みね子みたいな子供に育ってくれたらいいな。気の遣える子に育ってほしい。勉強なんてできなくてもいいから。そんなことをひよっこを見ながら思うことが多いですね。

 

今後、東京に旅立ちますがこの奥茨城村での物語は本当によかったです。家族をおもい、ザ・朝ドラって感じで泣きました。ひよっこ22話の感想はここまで。ひよっこ23話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)