ひよっこ第142話の感想・あらすじ「スターへの道」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の142話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第142話のタイトルは「スターへの道」です。

 

ひよっこの141話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)がツイッギーコンテストに向けて、リハーサルを行いました。それがすごく評判がよいまま終了しました。

 

その続きとなるひよっこ第142話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ142話のあらすじ

リハーサルが終わり、鈴子(宮本信子)が乾杯の音頭をとります。時子の優勝間違いなしだねと言い、ここにいるみんな大好きだよと声をかけ乾杯をします。

 

世津子(菅野美穂)もよかったよ。素敵だったと時子を褒めます。そして、さおり(伊藤沙莉)もかっこよかった。三男(泉澤祐希)のことは関係なく優勝してほしいと伝えます。

 

みね子(有村架純)は明日の本番一緒に行こうかと声をかけますが、大丈夫。自分で行くといいます。そして、本番が始まります。リハーサル同様に時子は堂々とした動きを見せます。

 

その様子を客席から三男が見ています。みね子は、いつものようにすずふり亭で働いています。時子の結果は、富(白石加代子)のもとに電話でかかってきます。

 

時子は、ツイッギーコンテストに優勝しました。それを愛子(和久井映見)がすずふり亭に行きガッツポーズで伝えます。みね子は、満面の笑みになり鈴子にガッツポーズをします。

 

三男は、時子の優勝に外にでて一人喜びます。そして、三男の恋はここで終わります。時子があかね荘に戻ってきたのは3日後でした。それは、時子があかね荘を出ていく日になりました。

 

時子は、日本中の都会を回るために住むところが用意されたのです。時子は、環境が変わるのが怖くて不安を抱えていました。みね子は、そんな時子を抱きしめます。

 

時子が大丈夫かなとみね子に不安を漏らすと、みね子は大丈夫にするしかない。そういわれるのです。そして、時子はあかね荘を去っていったのです。

 

みね子は、時子にはそんなにあえなくなるんだろうなと思ったのです。ひよっこ142話のあらすじはここまで。ひよっこ143話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ142話の感想

ひよっこ142話のあらすじで時子はツイッギーコンテストに優勝しましたね。時子は、ついに自分の夢を叶えるスタートにたったといってもいいかもしれません。

 

ただ、だからこその不安みたいなものもありましたね。どうしても、その不安を受け止めることができるのも親友のみね子だけなんでしょうね。

 

なんか、二人の関係を見ていると羨ましくなりました。幼いころからずっと親友で、東京に来てからも一緒に住んでる。その二人だからこそ、わかるお互いの性格っていうのがあるんでしょうね。

 

だから、みね子は時子の不安を感じて抱きしめたんだと思います。そして、みね子の大丈夫にするしかないって言葉がとても印象的でしたね。いいなあ親友って思いました。

 

そして、私がもう一人気になったのが三男です。三男もまた、ずっと時子のことが好きで・・・。ずっとずっと好きでいて、でもツイッギーコンテストに優勝したら時子は遠いところにいってしまう。

 

だから、とても複雑な気持ちだっただろうなって思います。一番複雑な気持ちを抱えたまま会場にいたのは、おそらく三男なんだろうなって思いました。

 

時子が優勝したときに誰よりも喜んだのも三男。でも、離れてしまうことの寂しさみたいなことを感じてしまうんだろうなって思います。

 

今後、三男とさおりがどうなっていくのかも注目ですね。時子がいなくなってしまうことを考えると、遠くの恋よりも近くの恋になりそうな予感がしますね。ひよっこ142話の感想はここまで。ひよっこ143話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)