ひよっこ第125話の感想・あらすじ「世津子の笑顔」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の125話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第125話のタイトルは「世津子の笑顔」です。

 

ひよっこの124話のあらすじと感想で、秀俊(磯村勇斗)と一緒にみね子(有村架純)がテレビ局に出前を届けます。すると、そこの控え室に川本世津子(菅野美穂)がいることを知ってしまいます。

 

その続きとなるひよっこ第125話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ125話のあらすじ

川本世津子の控え室を気にしながら通り過ぎるみね子。秀俊は、みね子が気にしているんではないか。お父さんやお母さんに悪いから声をかけられない。

 

でも、もっと自分の気持ちを大切にしてみてはと正直に話します。秀俊に背中を押されて、みね子は世津子のところにいきました。

 

みね子が世津子に声をかけると、世津子は申し訳なさそうにします。出前で来たというみね子は座って世津子と話をします。お父ちゃんのこと聴きたいですか。聞きたくないですか。

 

そうみね子が質問すると、世津子はむずかしい質問だなと言ったので、みね子がじゃあ言いますね。そういって、実(沢村一樹)の近況を話をします。聞きたくないわけではないと思ったので、すみません。

 

そういってみね子が謝ります。世津子は、みね子にそんなにはっきり物を言う女のコだったっけ?そういって世津子は驚きます。みね子は、世津子に大丈夫ですか。そう聞きます。

 

世津子は、大丈夫にするしかないからというと・・・みね子はその気持ちわかりますと答え、笑いあうのでした。世津子は台本を読んでいる途中で、小学校ろくに行っていないから感じにふりがながふっています。

 

そして、みね子はツイッギー好きですかと壁にあるポスターを見て話します。みね子は一着だけ買ってみて、履いてなんかうれしくなったという。

 

世津子は、試着だけして買わなかったけど、自分の持っているものを短くしてみたけど・・・なんか可笑しかったというのです。みね子は、ミニスカートは時子(佐久間由衣)のためには良かった。

 

背が高い時子は、昔馬鹿にされたことがあるので・・・という話を世津子にするのでした。そして、みね子は台本手伝うといい、世津子も手伝ってもらおうかなとみね子にお願いするのでした。

 

一方、三男(泉澤祐希)の働く米屋では、さおり(伊藤沙莉)がミニスカートを履いて三男を待っていました。ひよっこ125話のあらすじはここまで。ひよっこ126話のあらすじにつづく。




ひよっこ125話の感想

ひよっこ125話のあらすじは、秀俊がみね子の背中を押したことで、みね子が思っていた世津子との関係が修復できましたね。秀俊がいうように、お父ちゃんとお母ちゃんに気をつかう。

 

その気持ちはすごく大切だけど、そのために自分が思っていることや伝えたいことも言えないってなるのはやっぱり違うかなって思いますね。秀俊は、ほんと最近はっきりみね子にいいますよね。

 

みね子のそういうところ好きだけど、こうした方がいいんではないかな。そういった発言をしっかりとします。だからこそ、なんか急に変わったなって印象をもってしまいますね。

 

いよいよこの恋の行方が見えてきそうな予感ですね。さて、恋と言えば三男の恋。三男は好きではないんだけど、さおりが三男のことを好きっていう片思い。これがどうなるかってのもちょっと気になります。

 

なんちゅうか、さおりはちょっと厚かましいので・・・個人的には時子と三男がくっついて欲しいなって思うんですけど、今の感じだとさおりに寄り切られそうな予感がしますね。

 

ずっと、米屋で働いていくのであればそれが自然なのかなって思ったりもしますけど、学生時代からずっと思っている純な恋。これが実現すればいいのになああってどうしても思ってしまいます。

 

もちろん、そこには時子の想いみたいなものがないといけないんでしょうけど・・・そこがなかなかね。そこがなかなかなので、かなわない恋よりも近くの恋みたいなことになるんちゃうかなって。

 

最後にごめんねって言った後に続く言葉も気になりますね。あと、125話はなんといってもみね子と世津子が話をちゃんとできたのはよかったですね。

 

みね子と世津子ってホントは前から相性いいよねって思っていました。世津子もお父ちゃんのことあったとしても、いい人だから戻ってこれたわけですからね。ほんとはすっごくいい人。

 

二人の話は、最初はすごくぎこちなかったけど最終的には、一緒に台本の読み仮名つけるのまでするようになってすっかりお友達?みたいな関係にもどりましたね。

 

なんか、そういうのっていいなって思いました。大人になったらそういうのなかなかないですからね。ひよっこ125話の感想はここまで。ひよっこ126話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)