ひよっこ第113話の感想・あらすじ「田植えお疲れました」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の113話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第113話のタイトルは「田植えお疲れました」です。

 

ひよっこの112話のあらすじと感想で、実(沢村一樹)がみね子(有村架純)と一緒に奥茨城村に帰ってきて食事で一家団らんをしました。

 

その続きとなるひよっこ第113話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ113話のあらすじ

雨の中かっぱを着て田植えの準備をする谷田部家の面々。そこにバイクで宗男(峯田和伸)がやってきました。兄貴帰ってきたのかと驚きます。ちよ子(宮原和)が記憶がないから、無理に戻してやろうとかしたらだめだと念をおされます。

 

そして、宗男が弟の宗男だと言って実に挨拶をします。二人は握手をして抱き合います。そこに、きよ(柴田理恵)と君子(羽田美智子)がやってきました。二人は、実がいることに驚いていました。

 

きよは、まだ思い出さないのか。私が初恋の相手だっていうのも覚えてないのか?冗談だ。そういってみんなで笑いあいます。そんな話をしているところ茂(古谷一行)が合図をかけて田植えが始まります。

 

実は、宗男に説明されますが、そんなことはあまり関係がなく体が覚えているのか田植えを上手にできます。そのことに一同が驚いていました。

 

続けて実がやっていると、田んぼの中でこけてしまいます。それを助けようとして、みね子もこけます。すると、宗男もこけてぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

みね子は、その田植えをみんなでする様子を見て実が帰ってきて一緒にした稲刈りを思い出します。そして、谷田部家の田植えは無事終了します。

 

みね子は、稲刈りの時と同じように谷田部家のみなさま、田植えお疲れ様でございましたと頭を下げます。すると、ちよ子と進(高橋来)もお疲れさまでしたと頭を下げます。

 

そうやって田んぼからかえっていくのでした。ひよっこ113話のあらすじはここまで。ひよっこ114話のあらすじにつづく。





ひよっこ113話の感想

ひよっこ113話のあらすじは、田植えのシーンで終了しましたね。でも、いいですよね。みんなで協力しあって一緒になにかをするって大人になればそうそうありません。

 

こんなに村の人が一緒になってやることも今の時代ではないですし、田植えをするにしても四隅以外は田植え機ですることがほとんどですね。なので、大変だとは思います。

 

田植えの姿勢ってすごく大変だとは思うのですが、それでも一致団結してなにかを成し遂げるって意味ではとてもいいなあって思いました。

 

私も実家が兼業農家で、お米もそれなりに作っていましたけどいつも思っていたのははやく終わらんかなってことぐらいでした。農作業って地味で大変なことの方が多いですから。

 

でも、みんなでこうやって一緒にやれば楽しいって部分もあるんだろうなって感じました。実がこけてみね子がこけて、そして宗男がこけるっての見ててコントかと思いました。

 

それぐらい楽しかったですね。そして、稲刈りの時も思いましたが「庭の千草」って歌いいですよね。なんか、女性の歌声にぴったりあっていて、農作業の定番の歌みたいになってますよね。

 

それがかっこよかったです。稲刈りの時は、実が帰ってきてすぐ東京に戻りましたけど今度はみね子が東京に戻ることになります。なんか、奥茨城村にとっては寂しさもありますよね。

 

なんちゅうか、みね子にずっといてほしいって気持ちがでてきてしまいます。個人的には、東京で過ごすみね子も好きなんですけど、谷田部家に帰ったときのみね子はもっと好きです。

 

肩肘はっていないっていうか・・・なんかすごく素敵なんです。なので、いつか奥茨城村に戻ってほしいななんて思います。ひよっこ113話の感想はここまで。ひよっこ114話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)