ちゅらさん第39話あらすじ「はじめての曲」

このページでは、NHK朝ドラ「ちゅらさん」の第39話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

ちゅらさん第38話のあらすじで、エリー(国仲涼子)はスーパーボールをなくしていましたが、島田(北村和夫)が偶然拾ってくれていました。

 

ちゅらさん第39話は、ゆがふでアルバイトをしているところからはじまります。ちゅらさん第39話のタイトルは「はじめての曲」です。

ちゅらさん あらすじ第39話

兼城
恵里ちゃん、これ持っていって。
エリー
は~い。

エリーが一風館に帰るとみんなで集まっていました。

みづえ
どう?
エリー
美味しいです。これなんていうんですか。
みづえ
パエリア。スペイン料理。
エリー
スペイン料理はじめてたべました。
真理亜
田舎くさ~。
容子
それにしても、真理亜ちゃんよくしゃべるようになったわね。恵里ちゃん来てから。
柴田
みなさん、僕のこと忘れてないですか。
容子
忘れてないわよ。別に気にしてないけど。
みづえ
2週間に一回ぐらい、こうやって集まってみんなで食事したいと思うの。

エリーは、少しずつ周りの人の心を溶かしていきました。

 

一方、恵達(山田孝之)がギターの練習をしていました。

我那覇
よう、青年。
恵達
あ、先輩。どうも。
我那覇
なんか、いい感じでどよんとしてるね。ロックっぽいね。
恵達
そうですかね。
我那覇
女にフラれたか。
恵達
コピーをやってると、モヤモヤしてくるんです。
我那覇
自分の曲を作りなさい。しかも、女にフラれたんだろ。そんな時にいいものができるもんだ。恵達、作ってみろ。もう、恵達には何も教えるものはないのかもしれないね。

そして、我那覇(鮎川誠)が自分のオリジナルの歌をうたいます。

 

家に帰って、恵達は恵文(堺正章)に聴きます。

恵達
お父さん、いっつも三線を適当にならしてるさ。どうしてそういう風になるのかなと思って。
恵文
適当じゃないさ。今の気持ちが音になって出てくるさ。考えなくても。音楽というのは気持ちさ。どんな音楽でも、同じなわけよ。ロックだろうが。島唄だろうが。なんか今、お父さんから重要なヒントをもらったしまったか。
恵達
おやすみ。
恵文
あれ?

それから、恵達はギターを弾きながら曲をつくりはじめます。

 

エリーは、その日のアルバイトを終えて歩いて帰っていました。

エリー
お疲れさまでした。
兼城
まだ、元気がないね。恵里ちゃんは。

そして、エリーが一風館に帰ったところで電話が鳴ります。

恵達
俺、生まれてはじめて曲つくったんだよね。誰に最初に聴いてもらおうと思ったら、ねえねのこと思い出してさ。ねえねが東京にいってなくて、あの部屋にいたら最初に聴いてもらっただろうから。
エリー
恵達
恵達
短いし。まだ詞もできてないから。変なら変って、言ってもらったらいいからさ。
エリー
当り前さ。
恵達
じゃあ、行くよ。

そして、恵達が曲を歌います。詞は全部ラララで歌います。エリーは、恵達の曲を聞いて泣いていました。ちゅらさん第39話のあらすじはここまで。ちゅらさん第40話のあらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちゅらさん第40話ネタバレ,あらすじ
ちゅらさん ネタバレ,あらすじまとめ
ちゅらさん全巻DVDはコチラ
ちゅらさん第7週のネタバレ,あらすじ