まんぷく第24週ネタバレ・あらすじ「見守るしかない」

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第24週「見守るしかない」のネタバレ・あらすじを詳しくお伝えしていきます。会話形式になっていますので、これまでよりも読みやすくなっていることをお約束します。

まんぷく第23週のネタバレ・あらすじで、萬平(長谷川博己)はまんぷくヌードルの開発チームに急がなくてもいいから一緒に頑張っていこうと協力を呼びかけました。

 

その続きとなる「まんぷく」24週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第24週全体のネタバレあらすじを開始します。タイトルは「見守るしかない」です。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

まんぷく第24週ネタバレ・あらすじ

萬平と源(西村元貴)は、食事をしながら「まんぷくヌードル」の容器の話をして一緒に悩みます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]まんぷくヌードルの容器はその後どうなっているんだ。軽くて、安くて丈夫なものだぞ[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”r line”]わかっているって。今探しているから[/voice]

 

そんな様子を見ていた福子(安藤サクラ)は、買い物先で発泡スチロールを見てどうかなと思います。そのため、源に電話します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]ごめんね。源、今朝話していたことやけど発泡スチロールはどう?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”r line”]発泡スチロールならもう試したよ。発泡スチロールは、もろくてすぐ壊れてしまうんだ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]そう。発泡スチロールだもんね。ごめんね。忙しいのに。[/voice]

 

源は、福子との電話を切ったあとに、気になったのでもう一度発泡スチロールについて詳しく調べてみました。発泡スチロールは、安くて耐熱性があるので壊れさえしなければ容器にできると思ったのです。あちこちに問い合わせて発泡スチロールで容器をつくってみた。

 

それを神部(瀬戸康史)と一緒に萬平に見せます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]こんな発泡スチロールがあったのか。[/voice]

萬平はそう言いながら感心をします。そして、源と神部にさらに指示をだします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]これでいこう。ただし、カップの厚みをもう少し薄くするように。[/voice]

 

そこに、それまでは黙って見ていた神部が口をはさみます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/瀬戸康史-1.jpg” name=”神部くん” type=”l line”]ラーメンなどの具材を入れるとなると、これが厚みを薄くする限界だと思います。[/voice]

 

それでも、萬平は当たり前のように言います。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]厚みがありすぎるんだ。2、3ミリまで厚みを薄くして全体を小さくすればいい。これまでの発泡スチロールではなく、まんぷくヌードル用の発泡スチロールを作るんだ。[/voice]

 

そう神部と源に萬平は激を飛ばしました。それを聞いた、源は・・・

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”l line”]2、3ミリ?と驚きの声をあげるのでした。[/voice]

 

その晩、幸(小川紗良)が万博で知り合ったレオナルドと一緒に帰ってきた。別れ際にハグされたところを鈴(松坂慶子)が見て驚きます。びっくりして、鈴は福子に関係をきくようにいいます。

 

福子は2人の関係を幸に聞きます。幸の部屋をノックして、福ちゃんは部屋に入ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]ちょっとええ?今日誰かに送ってもらったの?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”r line”]うん。レオナルド、この前にうちに来てたでしょ。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]ああ、あのときの。仲がいいの?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”r line”]ただの友達[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]そう。覚めないうちにお風呂入りなさいね。[/voice]

 

まんぷくヌードルの開発は、すすむようにみえかけますがとん挫してしまいます。スープは粉末のものだと溶けない。容器は発泡スチロールのにおいが残るという問題が浮上してきました。神部が試作品をもってきました。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/瀬戸康史-1.jpg” name=”神部くん” type=”l line”]業者につくってもらっていたのですが匂ってみてください。[/voice]

 

匂ってみた萬平はしかめっ面になります。源も同じように険しい表情になります。そのことに、萬平は怒ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]食品に匂いは致命的だ。この問題はなんとしても、解決しろ。[/voice]

 

萬平は、源と神部にこれまでにないぐらい厳しく匂いの問題を解決するように指示したのでした。

 

そのころ鈴は、克子(松下奈緒)の家でレオナルドの話をしていました。福子は止めようとしますが鈴は週刊誌の記者のように話します。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/松坂慶子.jpg” name=”鈴” type=”l line”]家の前で抱き合っていたのよ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/10/要潤.jpg” name=”忠彦さん” type=”l line”]今の若者はそれが普通なのか?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/松下菜緒.jpg” name=”克子姉ちゃん” type=”l line”]そんなわけないでしょ[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”r line”]幸はただの友達だと言っていました[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/松坂慶子.jpg” name=”鈴” type=”l line”]ただの友達が抱き合うわけないでしょ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/岸井ゆきの.jpg” name=”タカちゃん” type=”r line”]でも、外国の人は挨拶で抱きあったりするって。だから、ただの挨拶なのかも。[/voice]

 

同じ年齢ぐらいの人に聞かないと今の価値観はわからないと考えたみんなは、忠彦(要潤)の弟子の名木にも聞いてみます。しかし、名木は恋愛経験がないのでわからないと答えます。それで、名木は芸術家なのに恋愛経験がない自分はダメなのかと落ち込むのでした。

 

レオナルドのことはやがて萬平の耳にも入ることになります。パーラー白薔薇で、世良(桐谷健太)がレオナルドと幸が一緒にいたところを何度か見たと聞いたのです。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/桐谷健太-1.jpg” name=”世良さん” type=”l line”]幸ちゃんは、ダビンチとうまいこといっているのか?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”r line”]なんのことですか?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/桐谷健太-1.jpg” name=”世良さん” type=”l line”]・・・なんも知らんのか。なんでもない、なんでもない。[/voice]

 

萬平は気になっていましたが、すっかり忘れていました。しかし、鈴が幸のことを心配するようにいいかけたので、世良の話を思い出したのです。萬平は、容器の開発途中に聞きます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]ダビンチって誰だ?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”r line”]世良さんがつけたあだ名だと思います。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]誰なんだ。その男は。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”r line”]この前、ラーメンを食べに来ていた中の一人のレオナルドさん。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]幸を呼んでこい。俺が話をする。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”r line”]もう、出かけました。幸ももう大学生ですから[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]誰と出かけたんだ。まさか、ダビンチと?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”r line”]萬平さんは仕事を続けてください。大事な容器の研究でしょ。[/voice]

 

なんとか福子と源で萬平のことをなだめます。その数日後、今度は偶然にも福子が幸とレオナルドが抱き合っているところを見ました。

 

幸は福子に見られていることを気づきました。福子は幸に自分から話をかけます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]レオナルドさんと一緒だったのね。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”r line”]映画みてきただけよ。[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]でもただのお友達じゃないでしょ?[/voice] [voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”r line”]あれはハグっていうの。外国では挨拶の時にするのよ。せやけど、レオを恋人にしたらあかんの?お母さんは反対なの?[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]そんなことはないわ。ただお母さんは心配なだけ。お父さんも・・・[/voice]

 

福子が答えようとすると、萬平と源が帰ってきて・・・その話はなくなります。幸はこっそりと萬平には内緒にしといてと福子にお願いしたのです。





 

幸の失恋

その晩、萬平は夜中にいきなり起きます。そして、源をたたき起こします。

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]アメリカ製の発泡スチロールはなぜ匂いがないのか調べろ[/voice]

 

と源に指示をだしたのです。源は、寝ぼけた状況で起き翌日調べるために手帳にメモしたのでした。

 

萬平の予想は的中です。アメリカから輸入された発泡スチロールは、ブリキの容器に入っており太陽の温度で高熱になる。それで刺激臭がとれていたのです。それを「まんぷくヌードル」でも真似てみました。

 

すると、これまであった刺激臭が一気になくなったのです。また、粉スープも顆粒にすることで溶けるようになり問題ないものが出来上がりました。さっそく、試作品を福子と鈴、幸に食べてもらいます。

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/松坂慶子.jpg” name=”鈴” type=”l line”]まんぷくラーメンとは全然違う味やね。好きよこの味[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”l line”]せやろ?一から開発したんや[/voice]

 

そういって胸を張ります。しかし、美味しいと食べていた福子から注文が入ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]味は美味しいですけど、100円だとちょっと高い。私なら買わない。もっと具材などをいれるような工夫をしなければ売れないと思う。[/voice]

 

福子は、これまでにないほどに正直に意見をぶつけました。萬平も福子の意見に納得します。翌日、萬平は開発チームに宣言をします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]まんぷくヌードルには、具を入れる。しかも普通の食材には入っていない具を入れるんだ。[/voice]

 

その萬平の言葉に開発チームのメンバーは腰を抜かします。湯を入れて3分で食べれる食材が検討もつかないからです。それでも萬平ははっきりと言い切ります。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]お湯をかけて3分で出来る具も探せば必ずある[/voice]

 

そして、開発チームはしいたけや貝類を提案します。すると萬平はそれに対して厳しい注文をつけます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”l line”]もっと彩のあるものがいる。洋風のものがいい。まんぷくヌードルは味も見た目もすべてが新しくなければダメなんだ。[/voice]

 

この萬平の気持ちに応えようと、神部は開発チームのメンバーを励まします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/瀬戸康史-1.jpg” name=”神部くん” type=”l line”]社長があそこまでのことを言うのは、自分たちなら期待に応えてくれるという気持ちがあるからだ。だから、3分で出来る具を見つけよう。[/voice]

 

みんなのモチベーションが上がり一致団結する中で、源の気持ちだけは沈んでいました。源は具材探しに悩んでいました。食事の席でその話を萬平にします。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”l line”]お父さんは何が作りたいの?神部部長はできるっていうけど、僕にはそうは思えない。新しいものでこれまでラーメンに入っていないものなんて、何度もためしたけどないよ。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”r line”]あきらめたのか?俺はあきらめなかったぞ。だから、まんぷくラーメンはできた。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”l line”]まんぷくラーメンのころとは、麺も味も進化している。まんぷくラーメンと比べられても比べられても困る。諦めなかったらできるというものではない。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”r line”]あきらめたのか?俺はあきらめなかったぞ。だから、まんぷくラーメンはできた。[/voice]

 

そこに鈴が二人の喧嘩の間を割って入ってきます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/松坂慶子.jpg” name=”鈴” type=”l line”]確かに萬平さんは無茶なことをいうわよね。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”r line”]最近、特に無茶なことをいうことが増えてきた。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”r line”]常識にとらわれないからこそ画期的な商品ができる。絶対につくる執念がないと新しいものはできないんだ。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/西村元貴.jpg” name=”源” type=”l line”]執念とかやる気とか根性だけでは無理なものは無理なんだ。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/長谷川博己.jpg” name=”萬平さん” type=”r line”]3分で戻る色鮮やかな具材は絶対にある。なければ作ればいいんだ。[/voice]

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]確かに昔からそうだったわ。お父さんはなければ作ればいいと思っていたの。[/voice]

 

源は、萬平のなければ作ればいいという言葉に衝撃をうけたのでした。そして、大学時代に読んだ論文をもう一度読み返しました。フリーズドライという技術で、マイナス30度で冷凍して乾燥させるという手法です。

 

翌日からさっそく、いろんなものをフリーズドライで乾燥させます。幸は、そのころ塞ぎこんでいました。ご飯を食べず部屋にこもっていました。福子はレオナルドのことだと気づいていました。パーラー白薔薇でぼんやりしていたところを教えてもらっていたのです。

 

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2018/11/安藤サクラ-1.jpg” name=”福ちゃん” type=”l line”]レオナルドさんのことでしょ?すぐわかったは。幸はレオナルドさんが好きやって。一人で抱えんといて。[/voice]

 

幸は、福子の言葉に泣き出してしまいます。

[voice icon=”https://www.kagasyo.com/wp-content/uploads/2019/01/小川沙良.jpg” name=”幸” type=”l line”]私、レオのこと好きだった。レオもそう思ってくれていたらいいなって。でも、レオはアメリカに帰って結婚するんやって。一人で好きになって・・・一人でフラれてばかみたい。[/voice]

 

そういって、幸は福子の胸で声を上げて泣くのでした。まんぷく24週のあらすじ・ネタバレはここまで。まんぷく25週のあらすじ・ネタバレにつづく。

あなたにおススメのページ

まんぷく第25週ネタバレ・あらすじ「できました!萬平さん!」

まんぷく あらすじ・ネタバレ最終回までまとめ

まんぷく公式ブックはコチラ

次の朝ドラ「なつぞら」ネタバレ・あらすじ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)