ひらり第41話あらすじ「姉妹の意見の違い」

このページは、NHK朝ドラ「ひらり」第41話のあらすじ,ネタバレを吹き出し(会話方式)でわかりやすくお伝えします。

ひらり第40話のあらすじで、小三郎(島田正吾)が倒れたのは高血圧が原因でした。ひらり(石田ひかり)がお願いして小三郎はタバコをやめました。

 

ひらり第41話のあらすじは、ゆき子(伊東ゆかり)と洋一(伊武雅刀)が喧嘩するところからはじまります。ひらり第41話のタイトルは「姉妹の意見の違い」です。

ひらり第41話あらすじ

洋一(伊武雅刀)が銀行に出社する直前、ひょんなことからゆき子(伊東ゆかり)と喧嘩してしまいます。

そのため、ゆき子は根本(綿引勝彦)のラグビーの試合に応援に行きました。しかも、ゆき子はバーで根本と飲み遅く帰ってきました。

みのり
お父さんとお母さん大丈夫かな?
ひらり
別にいいじゃん。男の友達ぐらいいたって。
みのり
お母さん、主婦だよ。今までだってこんなことなかったし。
ひらり
大丈夫よ。のめりこむほど、お母さん馬鹿じゃないって。

みのり(鍵本景子)は、ひらりの考え方に我慢できません。

 

小三郎(島田正吾)が倒れたのは、たいしたことなかったとはいえ、朝稽古にはしばらく行けなくなりました。そのため、ひらりは一人で朝稽古に行っていました。

ひらりは、すみれ(阿知波悟美)を誘っていましたが、すみれはやはり来ませんでした。ひらり第41話のあらすじ,ネタバレはここまで。ひらり第42話のあらすじ,ネタバレにつづく



あなたにおススメのページ

ひらり第42話のあらすじ,ネタバレ
ひらり あらすじ,ネタバレキャストまとめ