ひよっこ第91話の感想・あらすじ「三男が婿入り?」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の91話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第91話のタイトルは「三男が婿入り?」です。

 

ひよっこの90話のあらすじと感想の終わりにみね子(有村架純)のもとに愛子(和久井映見)がやってきました。

 

その続きとなるひよっこ第91話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ91話のあらすじ

すずふり亭の裏庭で、愛子と対面するみね子。愛子は、向島電機が倒産した後、実家で過ごしていたのですが新しい仕事を探しに東京に戻ってきたのだという。

 

そこに省吾(佐々木蔵之介)がやってきて、愛子が倒れてしまいます。みね子が、省吾に愛子を紹介します。省吾も愛子に自己紹介します。

 

愛子は、なぜかルンルンです。その後、鈴子(宮本信子)とも再会します。そして、近況を話すのでした。すると、いきなり涙を見せます。嬉しくて・・・省吾に一目惚れしちゃって。

 

そう、本人がいる目の前で直接いうのでした。鈴子が省吾にあんたはどうなのと聞くと、愛子は失恋させないでくださいと笑っていうのでした。

 

そして、愛子はその日に近くで就職を決めたのでした。あかね荘で、時子(佐久間由衣)と愛子の話をしたのでした。一方、三男(泉澤祐希)が米屋で仕事をしています。

 

善三(斉藤暁)が三男にさおり(伊藤沙莉)と結婚してくれというのです。しかも、さおりというのは勝手に本人が名前を変えているだけで本名は米屋の子で米子だったのです。

 

米子は、自分の結婚相手は自分で決めると言います。しかし、善三が決めたからではなく三男が好きだと米子は話すのでした。そこに、兄の太郎(尾上寛之)と正二(遠山俊也)の二人がやってきました。米子は、正二を三男の兄だと勘違いして三男をくださいといいます。

 

正二は、こっちと太郎の方を指さすと米子は再度三男をくださいといいます。太郎は、あいわかったと答えたのです。そのことを喜ぶ米子。

 

そして、ベンチには佐賀から戻ってきた島谷純一郎(竹内涼真)が座っていました。ひよっこ91話のあらすじはここまで。ひよっこ92話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ91話の感想

ひよっこ91話のあらすじは、本当にいろんな展開があってびっくりしましたね。愛子の一目惚れに、三男と米子の恋愛って盛りだくさんでしたね。とっても面白い回でした。

 

なんといっても、愛子はわかりやすいし面白いですね。なんちゅうか、一目惚れしているって本人がいる前でいいますかね?しかも、失恋するのは嫌だから答えはいらないって(笑)

 

でも、そのことですごく元気になって仕事も決まったのでよかったですね。しかも、すずふり亭から近いってこともあって愛子ワンがよく入りそうな予感がしますね。

 

ほんと、愛子はぶっ飛んでいますよね。しかし、私はそんな愛子の行動も気になっていたのですがあの巻き髪がなくなっていたことも気になりました。愛子と言えばあのカール。

 

それがなくなっていたのに驚きましたね。就職するために切ったのでしょうか。誰もそのことに触れないで・・・突っ込めよって思わず言ってしまいそうでした。

 

そして、もう一つ動き出しましたね。三男とさおり改め米子の恋。米子の方が三男のことを好きでいたのはわかっていましたが、いきなり告白してしまう展開にこっちもびっくり。

 

しかも、いきなり兄の太郎がやってきますし。太郎と正二はいったい何をしにきたのでしょうか。米子が三男をくださいって言ったのには、米子もぶっ飛んでいるなって思いました。

 

まだ、付き合ってもいないし三男の気持ちも確認していないところで下さいってすごすぎです。太郎もどうぞって軽いですよね。三男の扱いがわかりますよね。

 

なんか、いろんな恋が展開されていてとても楽しくなってきました。唯一、時子だけがなにもないみたいな感じだけど今後どうなっていくんでしょうね。三男の時子への気持ち。

 

これがどうなってしまうのかってところにも注目ですね。ひよっこ91話の感想はここまで。ひよっこ92話の感想へつづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)