ひよっこ第89話の感想・あらすじ「みね子の不安」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の89話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第89話のタイトルは「みね子の不安」です。

 

ひよっこの88話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)と島谷純一郎(竹内涼真)が初デートで島谷の大学に一緒に行きました。

 

その続きとなるひよっこ第89話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ89話のあらすじ

美代子(木村佳乃)が手紙の返事を書いています。そこに茂(古谷一行)がやってきて、これは女だけの秘密の話だ美代子は茂に言い笑うのでした。

 

みね子が大学で島谷の友達にひょっとして彼女か?と聞かれて、島谷が彼女だと答えると、みない顔だけどどこの大学と聞かれました。

 

みね子は、恋人って紹介されたことがうれしくて島谷にお礼をいうのでした。しかし、同時に住む世界が違う島谷にはもっとほかにふさわしい人がいるんではないか。

 

そうみね子が言うと、島谷は怒ります。そして、俺が好きなのは谷田部みね子だともう二度と言わないと約束をするのでした。みね子は、そのことでとても幸せに感じます。

 

島谷が素敵すぎるので、同時に怖くなっていました。あかね荘に戻ると、美代子からの手紙で恋の報告がうれしかったと書かれています。

 

いろいろ不安こともあるだろうけど、自分の好きになった人を信じることが一番大事な気持ち。それは自分を信じるということだから。そう手紙綴られていて、感動するのでした。

 

あかね荘に、時子(佐久間由衣)が戻ってきました。デートのことをみね子が聞いて欲しいと話ました。すでに早苗(シシド・カフカ)らのあかね荘の住人には話してます。

 

時子に嬉しそうに話す声に、管理人の富(白石加代子)が何がそんなに楽しいのか。そう早苗に切り出すと、早苗がみね子と島谷が付き合いだしたことを伝えます。

 

一方、島谷は秀俊(磯村勇斗)と一緒に「月時計」で飲みます。秀俊は、悲しい思いをさせないように注意します。そして、みね子は鈴子(宮本信子)たちに島谷と付き合っていることを話しました。

 

そのことを、鈴子に心配されます。また島谷は、あかね荘の管理人の富に呼び止められ話をすることになるのでした。ひよっこ89話のあらすじはここまで。ひよっこ90話のあらすじにつづく。




ひよっこ89話の感想

ひよっこ89話のあらすじは、みね子の不安を島谷と美代子が手紙でカバーしたという回でしたね。なんか、美代子からの手紙がすごく感動的でしたね。

 

みね子の気持ちもすごくよくわかるんです。大学も慶応だし、家柄も御曹司。自分には部不相応じゃないかな?そんなことを感じたんだと思います。

 

私がみね子の立場でも、同じような気持ちになっていると思います。こんな私でいいんだろうかって。そういうことを気にしない女の子だったらまた、島谷もきっと好きになってないんだと思うし。

 

でも、もっと島谷が怒るかなっておもいました。ただ、今後のことを考えるとデート初日でこれは・・・ちょっと心配になるかな。なんか、ずっと引け目というか私で・・・みたいなことがでてきそうで。

 

そうなると、島谷サイドも今回はいいけど何回もってなるとしんどくなりますよね。しかし、みね子の母・美代子はいいこと手紙で書いてくれていましたね。

 

不安になることもあるだろう・・・っていうところが、実(沢村一樹)の自分のこととシンクロしているのかもしれませんが、みね子の性格を知っているだけにってとこなんでしょうね。

 

やっぱり母親は偉大だなって思いました。また、もう一つ気になったのは秀俊と島谷が「月時計」で飲んでいた時のシーンですね。秀俊は、みね子のことが好きなんだなってのが伝わってきました。

 

それに、月時計の邦子(白石美帆)も気づいているんだろうなって思いましたね。島谷との関係が心もとないところがあるので、三角関係が気になってしまいましたね。

 

今後、秀俊とみね子になにか恋の模様がでてくるのでしょうか。ひよっこ89話の感想はここまで。ひよっこ90話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)