ひよっこ第87話の感想・あらすじ「カップル成立」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の87話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第87話のタイトルは「カップル成立」です。

 

ひよっこの86話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)がみね子(有村架純)の住むあかね荘にしばらくの間住むことが決まりました。そこで、早苗(シシド・カフカ)が歓迎会をしようと提案します。

 

その続きとなるひよっこ第87話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ87話のあらすじ

みね子は、みんな飲む場所に「月時計」を紹介しました。そして、中に入ろうとするときに島谷(竹内涼真)にビートルズのチケットをもらった女性がずっと探していたとやってきました。

 

その女性は、島谷にあえてよかったとお礼を言います。そのことに複雑な思いをするみね子。その女性がいなくなった後、あかね荘のメンバーで「月時計」に入ります。

 

早苗(シシド・カフカ)がみんな気になっているけど、その話題に触れないというのは嫌いだと言ってはっきりさせるように言います。そのことに時子も同調します。

 

しかし、みね子は本心では気になっているけど私は聞かなくても大丈夫だというのでした。すると、島谷が話始めました。父親からビートルズのチケットがおくられてきたこと。

 

しかし、恥ずかしくてみね子に渡せなかった。苦労している人がいるのに、簡単に手に入る自分が恥ずかしくてそういう人間だと思われたくなかった。そう説明したのでした。

 

その話を聞いていた啓輔(岡山天音)が、島谷は恋しているってことじゃないがか?そう質問したのです。それは、祐二(浅香航大)も邦子(白石美帆)も同じ気持ちだったのです。

 

すると、時子はカップル誕生だと言いみんなに祝福されます。島谷は、一言を求められ「よろしくお願いします。」と頭を下げます。それに対し、みね子は実(沢村一樹)のことを想い間があきます。

 

それでも、時子が幸せになっていいんだと後押しをしたのでした。すると、みね子もよろしくお願いします。というのでした。ひよっこ87話のあらすじはここまで。ひよっこ88話のあらすじにつづく。

 



ひよっこ87話の感想

ひよっこ87話のあらすじは、みね子と島谷純一郎が付き合うようになった回でしたね。グイグイ行く時子が結果的に、いい方向にすすみましたね。それが何よりもよかったです。

 

時子が強引にいって失敗したら、みね子やばいよなあって思っていたのでとてもよかったですね。しかし、お似合いのカップルだとおもいますね。二人とも相手をおもいやれますし美男美女ですからね。

 

最初の出会いの時は、島谷は偏屈な大学生だったのでまさか付き合うことになるとは思わなかったんですけどね。それでも、やっぱりくっつくんだって思いました。

 

ひよっこ87話については、啓輔や時子の力がおおきかったですね。どうしても、みね子だけではこの恋愛は成就しないかなって思っていました。

 

同じアパートの住人だし、別れた後がたいへんなことや、そもそも告白した後に同じ住人として居づらいことを考えると、みね子が臆病になる理由がすごく気持ちとしてわかったからです。

 

だからこそ、今日のビートルズのチケットをもらった女性が島谷にお礼をいいその説明で啓輔が島谷はみね子のことが好きなんじゃ?って発言がなければみんな空気を読んでそのまま流れていったかな。

 

そんなことを感じましたね。ただ、もしこれが裏目にでていたら最悪な感じになっていたと思います。時子とみね子の友情にヒビが入るぐらいのことになっていたかもって思いますね。

 

それくらい、ちょっと強引でしたね。奥手のみね子が今後どんな恋愛を島谷としていくのか。楽しみですね。それにしても、みね子は実のことを家族のことを本当に思っているいい子ですね。

 

自分の娘がこれくらい家族愛を持った子になってくれたらうれしいなって改めて思いました。ひよっこ87話の感想はここまで。ひよっこ88話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)