ひよっこ第68話の感想・あらすじ「相棒が帰ってきた」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の68話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第68話のタイトルは「相棒が帰ってきた」です。

 

ひよっこの67話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は、秀俊(磯村勇斗)がなぜコックになったのかなどを聞きました。

 

その続きとなるひよっこ第68話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ68話のあらすじ

今日はお休みです。みね子はたまっていた手紙を書きます。徐々にみね子の部屋にものが増えています。いろんな人から、貰い物です。

 

すずふり亭で働きだしてからも、給料が10,000円で家賃4,000円、仕送りが5,000円ですから生活は、工場の時よりも苦しくなっています。

 

みね子は、お客様からもらったラーメンをもって給湯室に行きました。そこには、早苗(シシド・カフカ)がすでにいました。その後、純一郎(竹内涼真)がコーヒーを入れにやってきました。

 

純一郎は、早苗やみね子もいるか確認して一緒にのむことになります。そして、みね子のラーメンと早苗の白ご飯、純一郎のコーヒーをわけあうことにしました。

 

そこに、啓輔(岡山天音)がやってきて、みんなで食べる部屋を提供するようになりました。また、みね子がお年寄りを大切にという富(白石加代子)の書いた張り紙をみました。

 

そのため、富のところにも食事をもっていきます。富にちょっと少ないわねと嫌味を言われながらも渡したみね子は、啓輔の部屋で他の3人と一緒に食事をしました。

 

そこで、啓輔の現在の状況を早苗が辛口にまとめます。そのことに落ち込む啓輔。一緒にいた相方ももう戻ってこないと早苗はいうのでした。それでも、啓輔は漫画家への想いをみね子に話すのでした。そこに、突然相棒の坪内祐二(浅香航大)が戻ってきたのです。

 

しかし、祐二はみね子を見て啓輔の彼女け?そういって驚いたのでした。ひよっこ68話のあらすじはここまで。ひよっこ69話のあらすじにつづく。




ひよっこ68話の感想

ひよっこ68話のあらすじをまとめると、生活が苦しいあかね荘の住人は食材を持ち合ってみんなで食べたという回でしたね。そして、漫画家志望の啓輔の相棒がかえってきました。

 

みね子の生活が苦しいのは、アパートの家賃が4,000円もするからですよね。給料の4割を家賃にするとなると、さすがに生活がキツイですよね。仕送りは半額送るわけですし。

 

やっぱり、工場の方が寮だし家賃はそんなにかからない。そのため、生活は苦しくなかったんですよね。みんな寮生だから、楽しくすごせるしね。

 

あの、妖怪のような管理人の富が家賃をとりすぎているんじゃないやろか?なんて、そんなことを思ってしましました。みね子は、お客さんからもらったラーメンがなければ何を食べていたのでしょうか。

 

なんも食べれない。そんな生活なんですかね。削るところがどこにもないってのは、苦しいですよね。しかし、売れない漫画家が2人で一緒にやる理由ってなんなんでしょうか?

 

一人で売れてから、もう一人ってならわかりますが・・・もちろん藤子不二雄にあこがれているのはわかりますが、そこまで一緒にこだわることはないんじゃないかなって思いました。

 

それにしても、早苗はすごいですね。あれだけ、毒舌だとやっぱりお見合いは難しいですよね。見たことないぐらいの毒舌です。あそこまでいくと、すごいですよね。

 

漫画家志望が2人になりましたけど、みね子の人生には大きく影響ないってナレーターも手厳しいなって思いました。ひよっこ68話の感想はここまで。ひよっこ69話の感想につづく。




あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)