ひよっこ第48話の感想・あらすじ「淡い初恋の終わり」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の48話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第48話のタイトルは「淡い初恋の終わり」です。

 

ひよっこの47話のあらすじと感想の最後に、綿引正義(竜星涼)からみね子(有村架純)はごめんと謝られます。しかし、なんのことかわからないみね子。

 

その続きとなるひよっこ第48話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ48話のあらすじ

綿引は、実(沢村一樹)を探すことができなくなってしまった。そういって謝ります。みね子は、なにかあったのですか。そう確認します。

 

綿引は、高萩にいる父が大きな怪我をして自分ひとりでは歩けない。そのため、綿引は茨城に帰ろるというのです。しかし、実のことがどうしても心残りで悔しいといいます。

 

綿引は、警察官そのものもやめなければならない。それでも明後日には帰るというのです。綿引は、みね子に実はきっと見つかるからあきらめないようにとアドバイスしました。

 

綿引はみね子と別れた後に高島雄大(井之脇海)と一緒にラーメンを食べながら、自分が茨城に帰ることを話しました。すると、雄大は頼みがあると借金をさせてくれ。

 

ここのラーメン代をおごるから、その分を借金させてほしいと綿引にいうのでした。一方、みね子は乙女寮に帰ってそのことをみんなに綿引が茨城に帰ることを伝えます。

 

優子(八木優希)にみね子は綿引のことが好きだったのではないの?そう訪ねられて、みね子は逆に驚きました。幸子(小島藤子)はお似合いだと思っていたと言います。

 

しかし、時子(佐久間由衣)は自分でも恋かどうかすらわからないぐらい奥手だからと話すのでした。場面が変わり、コーラスをする乙女寮のメンバー。みね子は、綿引が茨城に帰り変な気持ちになりました。ひょっとして、恋をしていたのか。ひよっこ49話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ48話の感想

ひよっこ48話のあらすじは、綿引が茨城に帰るという内容でした。そのことに、寂しさを覚えるみね子。みね子は、綿引のことが気になりかけてたぐらいなんですかね。

 

見ていて恋まではいっていないような気がするんですよね。だから、恋愛ではないのかなって個人的には思いますね。でも、周りから言われて意識するってことはありますよね。

 

なんちゅうか、告白とかもそうですけどなんにも意識していなかった相手から告白されたら、急にその人のことが気になりだすみたいな。

 

だから、みね子もそんな感じだったんじゃないかなって思います。もちろん、時子が話すように・・・みね子が奥手であることは間違いないんですけどね。

 

それが、みね子のよさでもあります。よく、ひよっこの視聴率が低いのはみね子に恋愛がないからって言われていますけど、そこがなんか奥ゆかしくていいと思うんです。

 

今後、向島電機が倒産してからいろんな出来事が起きる中で、どんな素敵な男性と出会うのでしょうか。そんなわくわくが期待できます。

 

綿引がふたたび登場することがあるのか。それとも、別の男性にみね子が惹かれていくことがあるのか。なんか、みね子って恋愛のイメージがありません。

 

だからこそ、今後どんな人を好きになって恋におちていくのか注目ですね。それにしても、高島雄大には笑わせてもらいました。

 

別れの日に、まさか借金?なんて思いましたがそこに理由がありましたね。男同士の漫才のような関係が楽しかったんですけど、それも見れなくなりますね。そこは、ちょっと寂しいかななんて思いました。ひよっこ48話の感想はここまで。ひよっこ49話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)