ひよっこ第44話の感想・あらすじ「みね子に届いた絵」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の44話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第44話のタイトルは「みね子に届く絵」です。

 

ひよっこの43話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)たちの乙女寮のメンバー全員でお盆の1日を使って海水浴に行くことを約束します。それを楽しみにするみんな。

 

その続きとなるひよっこ第44話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ44話のあらすじ

綿引(竜星涼)は、実(沢村一樹)のことを探しています。しかし、なかなか見つかりません。みね子たちはというと、水着を全員で買ってきたのです。このころ、水着は派手なものもでてきたのです。みね子は、人生で一番高い買い物をしたといいながらかわいい水着をみつめていました。

 

その晩、みんなが寝た後にみね子は一人窓の外をみて考えごとをしています。一方、奥茨城では君子(羽田美智子)が時子(佐久間由衣)が盆休みに戻らないことを知ってショックを受けています。

 

美代子(木村佳乃)のところにもみね子から手紙がやってきています。正月まで我慢だと、ちよ子(宮原和)と進(高橋來)に茂(古谷一行)がいいます。

 

乙女寮では、コーラスをしています。それを綿引が外から聞いています。高島雄大(井之脇海)が乙女寮からでると、綿引が待っていました。

 

綿引は、みね子が元気にしていたか雄大に聞きたかったのです。雄大は元気そうだったと話し、二人でまたしてもラーメンを一緒に食べます。雄大が綿引の盆休みを聞いて、決まりだなと一緒に遊ぶ約束をします。

 

一方、時子がみね子を呼んで話をします。時子は、みね子が心配だという。帰らないで楽しいのがうしろめたいのではないか。でも、実がみつからなかったらずっとそんなのか。

 

それでは、みね子は恋もできない。だから心配なんだってみね子に時子が打ち明けます。みね子のもとにちよ子と進から手紙が届いています。みね子たちが海水浴で遊んでいる絵です。その絵をみんなで見て喜ぶみね子。ひよっこ44話のあらすじはここまで。ひよっこ45話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ44話の感想

ひよっこの44話についてもなんとも家族愛がみれた回でよかったですね。ちよ子と進が絵を送ってくれるってのがほんとよかったですね。なんちゅうか、みね子が感じている罪悪感を助けるみたいで。

 

みね子は、18歳で谷田部家を支える存在になって・・・いつも我慢してってしているんだから、たまには海水浴ぐらいいいですよね。だって、遊びたい年頃ですもん。

 

時子のいうように、いまのままだったら恋もできないってのがまさに的を得てるなあって思いました。しかも、時子がそれに気づいて心配してくれるってのがなんともいいですよね。

 

そういう誰もあまりわからないような悩みを親友の時子だからわかってくれるみたいなところはありますよね。なので、本当に時子と同じ職場でよかったなあって思います。

 

もちろん、みね子もそうだし時子もそうなんだけどね。知らない土地に一人でいくのではなく、2人で行っているってところに強さみたいなものありますよね。

 

お互いがこまっている時は、お互いが助け合う。こんな親友ってそうそういないと思います。だからこそ、素敵だなあって思います。ちょうど、美代子と君子をみているみたいです。

 

あともう一つ驚いたのが、高島雄大が綿引正義といつの間にか仲良くなっているってことです。一緒にラーメン食べることで、関係がよくなってきましたよね。

 

なんか、あの口ぶりだと一緒に海水浴に誘う感じがしますね。みね子も誘いますし、恋の予感ですね。ひよっこ44話の感想はここまで。ひよっこ45話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)