ひよっこ第41話の感想・あらすじ「三男の告白」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の41話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第41話のタイトルは「三男の告白」です。

 

ひよっこの40話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)が落ち込んでるのを見てみね子(有村架純)は励ますために三男(泉澤祐希)に手紙を書きました。

 

その続きとなるひよっこ第41話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ41話のあらすじ

時子を元気づけるために、三男に手紙を送りました。三男は、米屋の安倍家でごはんを食べています。三男は、そんな中で日曜日お休みをほしいと主人の善三(斉藤暁)にお願いします。

 

日曜日は定休日でないという善三に対して、茨城の友達がうまくいっていないからどうしてもお願いしますと願いでたのです。そして、日曜日に時子とみね子、三男の三人で会います。

 

三男は、背伸びした服を着ています。一瞬で、茨城の時間にタイムスリップになります。三人で銀座に繰り出し、銀ブラです。そして、銀座から戻ってきた三人は楽しかったと話し合います。

 

みね子は、みんな頑張った人たちが銀座で買い物をしていたから、いつかみね子も銀座で買い物をできるようになりたいと願望を持つのでした。時子は、みね子と三男にありがとう。

 

そういって、みね子と三男にお礼をいうのでした。時子は、みね子たちに本音を打ち明けました。東京にきて放送局に行けば、君を待っていたんだって言われるのを待っていた。

 

でも、違う。星の数ほど時子みたいに女優になりたいって女の子がいてその中の一人なんだって思ったら急に怖くなったというのです。やりたいって気持ちが強くなるほど怖いんだよと今まで言えなかった言葉を口にします。

 

その話をじっと聞いていた三男は、突然立ち上がって「女優あきらめろ。そして、俺の嫁さんになれ」そういって励まします。時子は、ダメって決まったわけでないじゃない。絶対三男の嫁さんなんならないと時子は反発。

 

その3人の様子を陰から見ている人がいました。米屋の一人娘・安倍さおり(伊藤沙莉)です。ひよっこ41話のあらすじはここまで。ひよっこ42話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ41話の感想

ひよっこ41話についても、友情ってテーマの回でしたね。みね子が三男を誘った理由がなんとなくわかりましたね。三男なら時子を励ますことができるって思ったんでしょうね。

 

その予感は的中でした。なんか、予想していた励まし方とは違ったかもしれませんがそれぐらい荒業つかわないと、時子の落ち込みようは半端でなかったですからね。

 

本当に自信をなくしていたんですね。その心の苦しみを三男がいたから打ち明けることができたのかもしれません。案外、時子は三男と似合っているような気がしました。

 

心の支えになるのは三男しかいないんじゃないかなって感じました。でも、時子みたいなふだん強がっているタイプって案外もろかったりするんですよね。挫折に。

 

そんな時に支えてくれる人が同じ東京にいるってことが良かったですよね。ただ、三男についてはさおりのことも気になりますね。なぜか、後をつけていました。

 

三男のことが好きなのかなって思います。なので、三男は時子が好き。でも、時子は三男が好きでない。さおりは三男が好きってどうも歯車があっていません。

 

まだ、はっきりとしたことはわかりませんがなんかそんな予感がしますね。三男については、今後このさおりとの関係がどうなるのか気になりますね。

 

また、時子は今後女優になることができるのか。みね子や三男に励まされつつ女優になることができるのか。注目になります。ひよっこ41話の感想はここまで。ひよっこ42話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)