ひよっこ第144話の感想・あらすじ「部屋割に乾杯」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の144話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第144話のタイトルは「部屋割に乾杯」です。

 

ひよっこの143話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)がすずふり亭で一緒に話をすることで急接近してきました。そのタイミングで、来客がありみね子が驚きます。

 

その続きとなるひよっこ第144話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ144話のあらすじ

みね子は、慌てて愛子(和久井映見)をすずふり亭に強引に呼びます。そこにいたのは、向島電機の主任をしていた松下です。松下は、現在電気修理の会社を経営しているという。

 

あの松下が電気修理をします。愛子と松下がみね子の向島電機の時の話をすると、秀俊はその話に興味深々です。しかし、みね子はその話はいいと言って制止します。

 

この日の夜、早苗(シシド・カフカ)が集合をかけてあかね荘の女子メンバーが集合します。川本世津子(菅野美穂)も変装して、月時計にやってきました。

 

早苗がいつもと様子が違います。みね子が早苗に怒っているのか確認すると、早苗は、このところ緊張していたという。早苗は、世津子のファンだったのだといいます。

 

早苗は、言いたいことがたまっているといい世津子とみね子にだと話すのです。早苗は、みね子は世津子も幸せにならなければならないと言った。

 

世津子があかね荘に来るところまではよかったが、中途半端。そこから、お互いが本音をぶつけ合わないままでいる。愛子の存在がそれを成立させているのだと早苗は言います。

 

愛子の存在が世津子とみね子を楽にさせてあげている。悪いことではないが、本質的な問題は解決していないという。みね子と世津子には乗り越えて欲しいと思っていると早苗はいうのです。

 

ということで、部屋割りを変更を提案したいというのです。みね子と世津子が暮らすようにする。その提案に、みね子はOKを出します。みね子は早苗の言った通りだという。

 

そして、世津子によろしくお願いいたしますと頭を下げます。一方の世津子も、もじもじしながらよろしくお願いいたします。と頭を下げます。

 

早苗は、もう一つあると自分の恋愛について打ち明け始めたのです。ひよっこ144話のあらすじはここまで。ひよっこ145話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ144話の感想

ひよっこ144話のあらすじは、向島電機の上司だった松下が登場しましたね。みね子がびっくりしていたので、島谷(竹内涼真)ぐらいの人かと思いましたが・・・でも松下でよかったですね。

 

松下が来たので愛子を急いで呼びにいくあたり、みね子さすがですよね。愛子が服を気にしていたのが面白かったです。でも、みね子の気持ちわかりますね。

 

自分がだめだった時の話をされるのはやっぱりきついですよね。特に好きな秀俊にされるのは、ちょっと恥ずかしいですよね。できれば、そういうところは知られたくないかも。

 

でも、秀俊からすると自分の知らないみね子を知ることになるのでうれしいでしょうね。すごい嬉しそうな顔をしていました。でも、ひよっこの脚本ってすごくよくできていますよね。

 

なんといいますか、一人一人をしっかりと描いているんです。いろんな人が登場しますが、再び登場ってひとが多いんですね。キャストが一定の人だけに絞っているのですごくわかりやすいんです。

 

どんどん追加で出されると、見れなかった回があるとわけわらかなくなってしまいますが「ひよっこ」の場合はそれがないんですね。だからいいんです。

 

そして、144話のもう一つは早苗が白時計にみんなを集合させました。みね子と世津子の関係を心配していたというのもありますが、本丸はきっと自分の恋愛なんでしょうね。

 

それをみんなに聞いて欲しかったというのが本音ではないでしょうか。また、世津子とみね子の距離が縮まっていないという早苗の指摘もまた鋭いですね。

 

確かに本音でお互いに気持ちをぶつけ合うことで、うまくいくパターンもありますが・・・逆もあるので怖いのは怖いですね。今後、ふたりが同じ部屋で生活するのがなんか怖いですね。

 

また、早苗の恋の話が気になりますね。なんせ、謎につつまれている人物ですからね。早苗は。ひよっこ144話の感想はここまで。ひよっこ145話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)