ひよっこ第14話の感想・あらすじ「アンカーはみね子」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の14話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第14話のタイトルは「アンカーはみね子」です。

 

ひよっこの13話のあらすじと感想で、美代子(木村佳乃)がみね子(有村架純)に実(沢村一樹)のことについてしっかりと話ます。

 

その続きとなるひよっこ第14話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ14話のあらすじ

三男(泉澤祐希)を中心にみね子たちが一緒にすすめてきた聖火リレーについて、青年団で発表する日曜日がやってきました。青年団には、三男の兄・太郎(尾上寛之)と時子の兄・豊作(渋谷謙人)がいます。

 

三男が家からこっそりと抜け出そうとしています。それをきよ(柴田理恵)が畑よりも大切なものなんてないから手伝うようにいいますが、今日だけ勘弁してくれと走って逃げていきました。

 

時子(佐久間由衣)も君子(羽田美智子)にどこ行くのか聞かれながらも家をでます。みね子はというと、カチコチにかたくなりながら青年団が会合している場所に向かいました。

 

三男と時子、みね子は、青年団のメンバーが大勢いる中で話を聞いて欲しいと聖火リレーの資料を配ります。そこに通りかかったきよと君子もやってきて外からのぞき込んでいます。

 

三男は、奥茨城村でもせっかくのオリンピックなのでなんかやれるってことを見せたいって頭を下げてお願いします。しかし、みなに却下だっと一蹴されてしまいました。

 

それでも三男は、真剣に俺はもうすぐこの村をでていく。大好きだけど、農家の三男坊だから・・・生まれたときから決まっているんだ。俺みたいに大好きなのに、この村をでていく人はたくさんいる。

 

時子みたいにここにいれば夢が実現しない人。実みたいに家のために東京に行っている人もいる。村は、住んでいる人のためだけにあるものではない。心の中にずっと思っているものもいる。

 

こんな思いは生まれてはじめてなんだ。もうちょっとだけ考えてくれよと泣きながら三男は頼みます。話になんねえと言いながらも、太郎は村で聖火リレーをすることを承認しました。

 

実際に聖火リレーをするために関係各所を巻き込んでやっていくためにどうすればいいのか。青年団のメンバーが案を出し合いどんどん決まっていきます。

 

そして、実にいいところを見せるために聖火リレーのアンカーはみね子に決定します。ひよっこの14話のあらすじはここまで。ひよっこ15話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ14話の感想

ひよっこの14話は、最終的には認められてほっとした回でした。一時はどうなることやらって思いましたね。なんか、太郎が最初はもうとんでもない人間に見えましたがよかったですね。

 

青年団のみんなもなんやかんや言いながら奥茨城村のことを本気で思っていたんです。だからこそ、最終的には認めてくれたんでしょうね。それにしても、三男以外の周囲が面白かったです。

 

みね子が青年団のところにいく姿がロボットみたいな歩き方でガチガチ。なんで、自分が話するわけでもないのにあんなにガチガチになってたんやろ?そんなことを想いました。

 

緊張して、手と足が一緒にでている人とかいますけどみね子はそんな感じでした。そして、きよがなんかよかったです。三男に早く畑を手伝うように言うのに、見入って泣いてしまったり。

 

三男の成長に驚いたのかもしれません。普段は一緒にいるから子供の成長ってあまりわかりにくいんですよね。しかし、ああやって客観的にみると成長したなって実感するんです。

 

なんか、きよの気持ちがすごくわかります。どうしても、普段は気付かないことを見れたので感動したのかもしれませんね。そして、アンカーはみね子に決まりましたね。

 

美代子が話していたように、聖火リレーが実に届けばいいのですがどうなるでしょうか。なかなか難しいかもしれませんが、なんとかみね子のことを実にはみていてほしいな。

 

そんなことを思ってしまいますね。2020年の東京オリンピックでもこんな感じで村で聖火リレーをするようなところがあったりするのでしょうか。

 

そうすれば、話題にもなりますし村おこしにもなりますのでいろんな自治体でやってみてほしいななんておもいました。ひよっこ14話の感想はここまで。ひよっこ15話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)