ひよっこ第134話の感想・あらすじ「へそ曲がり」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の134話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第134話のタイトルは「へそ曲がり」です。

 

ひよっこの133話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)がすずふり亭に助っ人として由香(島崎遥香)を連れてきました。

 

その続きとなるひよっこ第134話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ134話のあらすじ

川本世津子(菅野美穂)の家に記者が押し寄せています。みね子は自分にできることはないのか考えています。すずふり亭では、由香が疲れ切っています。

 

省吾(佐々木蔵之介)は由香にお礼を言い、家族のことを話そうとしますが由香はその話はなし。ただの助っ人だからと言います。

 

そこに鈴子(宮本信子)もやってきて、家族の話をしようとしますが省吾に今日は助っ人だからと止められます。鈴子は、由香に頭を下げてご苦労さまというのでした。

 

由香は、そろそろと言って帰ります。みね子は、由香を呼び止めて話をします。由香は、みね子に本当に働き者だと褒めます。しかし、みね子はわかりにくいというと、由香は自分はへそ曲がりだと話します。

 

その後、すずふり亭で話をしているところでみね子がつい口をすべらせて柏木堂で働いていると言ってしまいます。それを聞いて、鈴子と省吾は二人で話こみます。

 

柏木堂まで帰ってきてくれた由香に対し、省吾は今度はこっちの番だねという。一方、あかね荘で富(白石加代子)は元彼氏の写真を抱きしめそっと片付けます。

 

そして、翌日派手なワンピースを着てあかね荘の踊り場に行きます。その姿に一同がびっくりします。愛子(和久井映見)は富を見てかわいいといい抱き合うのでした。

 

そして、みんなで歌を歌いながら、ごはんをつくって食べます。翌日、みね子は空を見上げて川本世津子の家に向かいます。ひよっこ134話のあらすじはここまで。ひよっこ135話の感想につづく。

 




 

ひよっこ134話の感想

ひよっこ134話のあらすじは、由香がすずふり亭で働いて帰っていくという回でした。そして、富が亡くなった元彼のことを忘れそっと写真を片付けていましたね。

 

今回、まず思ったのは由香は上手やなって思いました。先にしっかりと家族の話はダメって断ったところが女性らしいとも感じました。省吾もそれ以上追及できないですもんね。

 

しかし、由香が一度すずふり亭で働いたことで牧野家の関係は動きだしました。みね子のおせっかいがきっかけですね。そういった意味ではよかったのかな。

 

ちょっと入り込みすぎちゃう?って思っていましたが、結果的にはよくなっていきそうですね。しかし、みね子は口をすべらしたらいけないですよね。柏木堂で働いているって。

 

なんで、近くにいたのっていうのもわけわからない感じでかわしていたのにね。そこでいう?みたいな。みね子が気を抜いていたからなんでしょうけど・・・後から由香に言われてしまいそうですね。

 

さて、富の恋の方は吹っ切れたのかな?あのはじけたワンピースはさすがに・・・。あかね荘で、富が浮かないのって愛子がいるおかげかなって今日みていて思いました。

 

富の服をみてかわいいっていったり・・・若者と富の中間に愛子がいることでうまくあかね荘の住人がかみ合っているような感じがしました。愛子がいなかったら富はやはり管理人って立場を崩さなかったかもしれませんね。

 

見ていてそんなことを感じました。さて、みね子は世津子を助けようとしていますがどのように助けるのか。楽しみですね。ひよっこ134話の感想はここまで。ひよっこ135話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)