ひよっこ第131話の感想・あらすじ「新しい風」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の131話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第131話のタイトルは「新しい風」です。

 

ひよっこの130話のあらすじと感想で、秀俊(磯村勇斗)が佐賀の島谷(竹内涼真)のところに向かって話をしました。秀俊は、みね子のことが好きだと島谷に伝えました。

 

その続きとなるひよっこ第131話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ131話のあらすじ

みね子(有村架純)は、川本世津子(菅野美穂)のポスターが変わったことを知ります。しかも、もう川本世津子はダメなんじゃないかと商店街のおじさんに言われます。

 

月時計で、早苗(シシド・カフカ)、みね子、時子(佐久間由衣)、由香(島崎遥香)の女四人で飲みます。話題は、由香が柏木堂で働くようになったことです。

 

由香は、家に顔を出してみようとしたが柏木堂が限界だという。柏木堂で働いていれば、鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)が偶然通りかかり由香なにしているんだと声をかけられることを待っている。

 

そう早苗が解説します。由香の態度は、共感されない面倒くささだと言います。そして、意外と柏木堂の仕事は楽しいと話し由香は食べにおいでよと言います。

 

そして、時子がツイッギーコンテストにでることを由香に話し甘いものは控えると言います。しかも、ツイッギーコンテストに由香も応募したけど、出るのはやめたという。

 

由香は、時子の覚悟を見て勝てるわけないからツイッギーコンテストに出るのをやめたのです。そして、月時計に新しくお客がきた瞬間なにかに取りつかれたように店を飛び出してしまいます。

 

1時間たっても帰ってこない早苗。その間に、週刊誌に川本世津子がのっていることを知るみね子ですが、見ないと言います。好きだからいいこと書いていないから見ないとみね子は言います。

 

すると、そこに早苗が戻ってきました。なにも聞こうとしない他のメンバーに、優しいんだなといい・・・もうしばらく待っていて欲しいと説明します。

 

新しい風は、早苗だけでなく富(白石加代子)にも吹きます。愛子(和久井映見)が来て、大丈夫か心配すると・・・富は胸騒ぎがするのだと言います。そして、死んだ。

 

人生で一番愛している人が死んだのだという。そこに、鈴子がやってきて松永さんが死んだと伝えにきたのです。ひよっこ131話のあらすじはここまで。ひよっこ132話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ131話の感想

ひよっこ131話のあらすじは、いろんなところに新しい展開が見える回になりましたね。川本世津子に起きている出来事。あるいは、早苗に起きている風。

 

そして、富がずっと好きだった松永の死。本当に目まぐるしく話が展開していきました。ひよっこの中では、比較的珍しいかなって思いますね。これだけいろんな展開があるのは。

 

じっくりと、しっかりと描かれていますからね。「ひよっこ」の場合は。しかし、いつの間にか由香とみね子、時子、早苗は仲良い4人組みたいな感じになっていますよね。

 

早苗の突っ込みというか指摘は、かなり的を得ていてちょっと怖くなるぐらい。よくツイッギーコンテストに由香が出るってことわかりましたよね。私はなんやろ?

 

って思いましたけど、まさか由香もツイッギーコンテストに応募しているとは思いませんでした。親子関係については、みね子からしたら由香の気持ちわからないかもしれませんね。

 

一旦こじれてしまって、素直に話ができないっていうの。みね子は、そんな感じでないですからね。ずっと、父親、母親とも大好きみたいな感じですから。

 

由香の中では、柏木堂が限界だったんですね。距離的にも。でも、そこまでの勇気だせたならかなり大きな一歩前進だと思います。ここの親子もうまくいきそうな予感ですね。

 

また、富さんは化け物ですね。なんで、死んだってわかるんでしょうか。この辺りは、さすがといいますか年の功でしょうか。松永さんというのは、テレビで訃報がでるぐらいなので、すごく有名な人なのかな?

 

よくわかりませんが、謎めいている富の若いころがなんか気になりました。ひよっこ131話の感想はここまで。ひよっこ132話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)