ひよっこ第13話の感想・あらすじ「みね子の空元気」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の13話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第13話のタイトルは「みね子の空元気」です。

 

ひよっこの12話のあらすじと感想で、美代子(木村佳乃)が東京から戻ってきました。しかし、実(沢村一樹)の手がかりはまったくつかめないままでした。

 

その続きとなるひよっこ第13話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ13話のあらすじ

美代子は、みね子(有村架純)に嘘ついて東京に行ってたことを話します。そして、実に送った郵便とみね子の手紙が宛先不明で戻ってきた。

 

だから、泊っていたところとか職場とかに見に行ってきたけど会えなかった。手がかりはなかったとみね子に伝えました。生きてるかどうかでさえわからないと正直に話します。

 

みね子は、そんな話を聞いても美代子に一人で怖かったと美代子の心配をします。すると、美代子は慌ててみね子に抱き着きます。そして、美代子は実のことを信じて待つというのでした。

 

みね子は、話してくれたことにお礼をいい正月には帰ってくるって実が言っていたと二人で励ましあいます。みね子は、学校に行く途中にいつも以上にテンションが高めです。

 

すると、時子(佐久間由衣)になんかあったんでしょ?いいなさいと気付かれてしまいます。三男(泉澤祐希)は明るすぎて不自然だと言われ、みね子は正直に話してんね。

 

その話を聞いて、時子と三男の方が落ち込んでいます。学校で、聖火リレーを中止するかと三男がいいます。しかし、みね子はいつも通りにしたいから聖火リレーはするといいます。

 

時子は、やると決まったら新聞社とかテレビ局とかに聖火リレーを売り込んだらどうだろうというのです。みね子は、東京のテレビにでると実が見るかも。時子は、映画会社の人がみてくれるかも。

 

そんなことを言いながら聖火リレーの計画がすすんでいっています。家に戻ったみね子は、ちよ子(宮原和)と進(高橋來)とテレビをみています。ひよっこ13話のあらすじはここまで。ひよっこ14話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ13話の感想

ひよっこ13話を見ると、かなりつらかったですね。なんか、みね子の空元気を見ていると、それが余計にみていてつらかったです。13話について簡単にまとめると、美代子がみね子に実のことを説明します。

 

そのことで、みね子は時子や三男に空元気を振りまきながら起こった出来事について話をした回でした。どうしても、長年付き合っている友達同士だとわかるんですよね。

 

みね子が妙に元気な時ってなんかあるって。これって、本当に仲のいい人だったらわかるんです。どんなに元気そうに見えても、それがおかしいってのが。なので、すぐに時子や三男にばれてしまいましたね。

 

それでもよかったなあっておもったのは、今、3人でやりたいことがあるということです。みね子はこんな落ち込んだ時にすることがあるっていうのがよかったかなって思います。

 

いらないことを考えてばっかりよりも、なにかをみんなで一緒にしている時間があるとその時間がどうしても減ります。これってとっても重要ですね。しかも、それがもしかしたら実が見るかもしれない。

 

みたいなことになると、なおさらいいですね。3人それぞれが、聖火リレーに自分の目的をもってとりくめるってこんな素晴らしいことはないですよね。あとは、青年団がどうなるかなのかな。

 

ここが一つの関門になるのかな。あと、正月日本刀に実が戻ってくるといいんですけどね・・・こればっかりはなかなか難しいですよね。ひよっこ13話の感想はここまで。ひよっこ14話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)