ひよっこ第118話の感想・あらすじ「女子たちの月時計」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の118話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第118話のタイトルは「女子たちの月時計」です。

 

ひよっこの117話のあらすじと感想で、由香(島崎遥香)がみね子(有村架純)のもとを訪ねてやってきました。みね子は、理由もわからないのでそのことを驚きます。

 

その続きとなるひよっこ第118話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ118話のあらすじ

由香は、みね子にちょっと行こうと強引に月時計に連れていきます。由香はお酒飲み、みね子はお酒を飲みません。由香は実(沢村一樹)のこと大変だったねと話しはじめます。

 

みね子は別に大変ではないといい誰に聞いたのか確認します。柏木ヤスハル(古館佑太郎)が心配して教えてくれたというのです。由香は、島谷(竹内涼真)のことを話したかったのだという。

 

みね子はもう忘れてたのにというのです。一方、時子(佐久間由衣)はイライラしながらあかね荘に帰り早苗(シシド・カフカ)と一緒に月時計に向かいます。

 

由香は、自分が島谷のこと教えたのになんかあって然るべきでないか。そういってやや怒ります。みね子は、どこにいるのかも知らないですもんと不服顔をするのでした。

 

そこに、早苗と時子が月時計とやってきました。時子は、すずふり亭の娘ってことで食い逃げ娘だとみね子に確認します。それにうんと答えるみね子。

 

早苗が話の間に入って、島谷の問題。時子が話したいこと。そして、由香がこのままでいいのか。家庭の問題の3つがある。この3つの話をするときには、順番が重要。

 

だから、時子の話が重いかと確認し・・・一番最初に時子の話からする。島谷のこと、そして由香の問題の順番で話していくことが決まります。

 

時子は、時代劇の撮影で監督にイラッとした話をしていきます。時子の身長が江戸時代にはいないだろ。誰がキャスティングしたんだと監督に帰らされたと怒ったのです。

 

時子の話はそれで終了します。一方のあかね荘では、愛子(和久井映見)が怖い思いをしていました。物音がすごいのです。ひよっこ118話のあらすじはここまで。ひよっこ119話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ118話の感想

ひよっこ118話のあらすじは、由香にみね子が連れていかれて話をするという回でしたね。そこに、時子と早苗が偶然やってきていろんな話に発展していくという回でした。

 

しかし、早苗はいいですよね。個性がとても豊かです。なんか妙にまとめるのもうまく、的確に進行している感じでしたね。それがなんかすごく信頼できるお姉さんに見えました。

 

また、みね子を由香が呼び出した理由が島谷のことだったっていうのに驚きでしたね。なんちゅうか、早苗が実のことを教えてくれずに怒ったときに似ていたなあって思いました。

 

どちらかというと、由香と早苗ってタイプ的に近いところがあると思うんです。だから、妙にうまく話しが進んでいっているんじゃないかなって思いました。

 

由香に対する食い逃げ娘ってのは、かなりいいニックネームですね。自分が言われるのは嫌ですけど、これ以上わかりやすいニックネームはないってぐらい。

 

時子の監督に言われた、江戸時代にこんなでかい町娘はいないってのはなんか納得しましたがそれを活かすのも監督の力量なんかな?なんて個人的には思いました。

 

ただ、監督からするとイメージになかったんですよねきっと。だからこそ、帰されるみたいなことになったんだと思います。時子からすると、最初からキャスティングするなよって話ですが・・・。

 

月時計で、みね子が島谷のことをどのように話すのかとっても気になりますね。また、あかね荘の愛子のところに来たおばけのような怖い音と顔がなんなのか。

 

すごく気になりますね。ひよっこ118話の終わり方はとっても先が気になる感じですね。ひよっこ118話の感想はここまで。ひよっこ119話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)