ひよっこ第114話の感想・あらすじ「求められる喜び」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の114話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第114話のタイトルは「田植えお疲れました」です。

 

ひよっこの113話のあらすじと感想で、実(沢村一樹)とみね子(有村架純)が加わり谷田部家で田植えが行われました。

 

その続きとなるひよっこ第114話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ114話のあらすじ

田植えが無事終わり翌朝、谷田部家のみんなでご飯を食べます。みね子は、みんなに今日東京に戻ることを伝えます。ちよ子(宮原和)や進(高橋来)が寂しがります。

 

そして、もう一人一番寂しがっていた人がいます。それは、美代子(木村佳乃)です。美代子はみね子が戻るので心細くなっていたのです。みね子は、そんな美代子を励まします。

 

みね子の見送りを美代子がしてくれました。親子で抱き合います。みね子は、畑で働く実と茂(古谷一行)にも挨拶をしていきます。実は、みね子のほっぺをおーっとしました。

 

茂は、みね子にありがとなとお礼を言うのでした。みね子は、家も大好きだけど東京に戻って自分の場所で働きたいという気持ちも芽生えていたのです。

 

一方、すずふり亭は大忙しです。みんな疲れきっています。すると、鈴子(宮本信子)が腰を痛めます。元治(やついいちろう)が早く帰ってきてくれと叫ぶと、そこにみね子がやってきます。

 

みんながみね子を温かく迎え入れてくれました。みね子がいなくて大変だったんだと。それからのみね子は、忙しいのが嬉しくて踊っているみたいで仕事をします。

 

そして、みね子は高子(佐藤仁美)に会ってきたことをすずふり亭で話します。高子は、規則正しい生活ですっかりスマートになっていましたと伝えるように言います。

 

みね子は、そうやっていうように言われたと話すとみんなが笑ったのでした。翌日、あかね荘で時子(佐久間由衣)と話します。時子は、もう東京に帰ってこないかもって思っていた。

 

そう話ますが、みね子は今はこの部屋が自分の家だというのです。ひよっこ114話のあらすじはここまで。ひよっこ115話のあらすじにつづく。




ひよっこ114話の感想

ひよっこ114話のあらすじは、みね子が東京に自分の居場所がしっかりあるということがわかった回でしたね。なんちゅうか、いつの間にかしっかりとみね子が東京に根をはっている。

 

そんなことを感じた回でした。みね子は、時子と違ってなんか成行で東京に来ただけだったけど、時子以上にしっかりと自分の居場所をみつけていたんだなあって思いました。

 

「ひよっこ」を見てずっと思っていることは、なにか夢がなければならないわけではないということです。一生懸命生きていく中で、特に夢をもって東京にきたわけでもないみね子が成長していく。

 

そんなどこにでもありふれたストーリーだから惹かれるのかな?ってそんなことを114話を見ていて感じましたね。東京に戻らなくてもいいのに。谷田部家では、もう実もみつかった。

 

だから、東京に戻らなくてもいいのに。そんなことを思うこともあるでしょう。でも、谷田部家のみんなも寂しい思いはもちつつも送り出してくれましたね。

 

みね子を見ていたら、どんだけええ子なん?って思うほど人間ができているのですが・・・でも、やっぱり自分の居場所っていうのがあるっていうのはうれしいですよね。

 

必要とされている場所があるっていうのが、なにものにも代えがたいんでしょうね。ただ、すずふり亭が忙しくて大変な想いをしているのを見ると、どうしてもうひとり雇わないのかな?

 

高子がいなくなった分を、誰か代わりに入れないとしんどいよね。って思いました。みね子が突発的に病気になるようなこともあるでしょうし・・・。今後そういったことも描かれるのでしょうか。

 

一応、実の一件は片付いたわけですから今後、どのような展開になるのか予想できないですけど・・・みね子の成長が楽しみですね。ひよっこ114話の感想はここまで。ひよっこ115話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)