ひよっこ第110話の感想・あらすじ「帰ってみっかな?」

帰り

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の110話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第110話のタイトルは「帰ってみっかな?」です。

ひよっこの109話のあらすじと感想で、実(沢村一樹)のことを美代子(木村佳乃)が君子(羽田美智子)やきよ(柴田理恵)に説明しました。

その続きとなるひよっこ第110話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。







ひよっこ110話のあらすじ

みね子が実とくらしはじめて1週間が経ちました。みね子は、そろそろ田植えの季節だなあとすずふり亭の裏庭で話します。実は、自分のことを知りたいとみね子に聞きます。

みね子は、建築現場で働いていたことや家族のために働いていた優しいお父ちゃんだったこと・稲刈りの時に子供3人に靴を買ってプレゼントしてくれたことなど時間をかけて話すのでした。

生まれてからの実は、茂(古谷一行)や宗男(峯田和伸)しかわからないし、男としての実は美代子にしかわからないと説明したのです。すると、実はみね子に「奥茨城に帰ってみっかな」と言ったのです。

そのことを喜ぶみね子は、「わかった。帰ろう」と答えるのでした。あかね荘の給湯室で、みんなで話をしているところに・・・みね子がやってきて、実が茨城に帰ってみよっかなって説明します。

しかし、すずふり亭は高子(佐藤仁美)がいなくなり忙しいので、休むわけにはいかないとみね子は浮かない顔をしていたのです。愛子(和久井映見)が鈴子(宮本信子)にちゃんと相談するようにアドバイスされます。

仕事に行ってなかなか言い出せないみね子ですが、そのことを鈴子が察知します。みね子が正直に話すと、みね子の人生にとって大事なことだから一緒に帰って谷田部家で生きていけるか見届けてくるようにいいます。

省吾(佐々木蔵之介)もみね子がいなければみんな大変な想いをする。でも大切な仲間だから大丈夫だと言われます。元治(やついいちろう)も秀俊(磯村勇斗)も言ってくるようにいうのです。

善は急げと、すぐに鈴子に送り出されたみね子は実に、奥茨城村に帰ろうというのでした。ひよっこ110話のあらすじはここまで。ひよっこ111話のあらすじにつづく。








ひよっこ110話の感想

ひよっこ110話のストーリーは、なんか優しさ溢れる周囲の人に感謝しかないって回でしたね。それと同時に、みね子は本当にまじめだなって思いました。そこがみね子のいいところなんですけどね。

でも、やっぱり大きいなって思うのは省吾と鈴子ですね。もしかしたら、みね子は奥茨城村に帰ってしまうかもしれない。実がみつかったことにより、もう東京にはもどってこないかもしれない。

そんな不安があったとしても、みね子のため・・・実のために奥茨城村に一緒に帰るべきだと話してくれました。これが、どれだけ優しさに溢れていることかって思いますね。

高子がいなくなって、ただでさえ忙しくなるのに元治も秀俊もみんなが笑顔で送り出してくれる。それは、すずふり亭でみね子が一生懸命仕事をしている証拠でもありますよね。

誰だって、仕事が忙しくなるのは嫌です。ましてや、奥茨城村の田植えってなると日帰りはできない。そうやって考えると、みね子がみんなに信頼されてないとできないことですね。

普通の会社なら、嫌味のひとつも言われてしまうかもしれません。そんなことが一切ない、すずふり亭というお店に私はすごいなって思いました。愛情に満ち溢れてるなって思います。

しかし、実はなんで奥茨城村に帰ってみっかなって思ったんでしょうね。やっぱり、みね子が実の話をしたことで帰ってみようかなって思ったんでしょうかね?それともなんか別の理由があるんですかね。

私は、個人的には記憶が戻ってから奥茨城村に帰るのかなって思っていたのでかなり意外でした。記憶を失っている実を奥茨城の人たちは温かく迎えてくれますよね、きっと。

奥茨城村で、実がどんな感じで田植えをするのか。そのことが気になりますね。111話が楽しみです。ひよっこ110話の感想はここまで。ひよっこ111話の感想につづく。







あなたにおススメのページ

ひよっこ第111話の感想・あらすじ「喜びの号泣」

ひよっこ第109話の感想・あらすじ「奥茨木村の友」

ひよっこ第19週ネタバレ・あらすじ「ただいま。おかえり。」

ひよっこのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

ひよっこの視聴率推移と速報はコチラ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)