ひよっこ第107話の感想・あらすじ「家族の食事」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の107話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第107話のタイトルは「美代子VS世津子」です。

 

ひよっこの106話のあらすじと感想で、美代子(木村佳乃)とみね子(有村架純)が川本世津子(菅野美穂)の家から実(沢村一樹)を連れて帰ります。

 

その続きとなるひよっこ第107話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ107話のあらすじ

3人で歩いて帰っていると、美代子が突然お腹すいたからなんか食べよう。そうしようと声をかけます。それに、みね子がんだねと答えたのでした。3人で向かったのは、蕎麦屋さんでした。

 

美代子は、きつねそばを選び・・・実はおかめぞばがありますよとみね子にすすめました。しかし、みね子もきつねそばにしました。実も同じきつねそばを選びました。

 

家族3人で仲良くそばを食べました。一方、茂(古谷一行)は、実を思ってか空を眺めていました。そこに、ちよ子(宮原和)と進(高橋来)がやってきました。

 

今日は、カレーだと話しかけました。それを喜ぶ茂。蕎麦屋で実は、美代子たちに謝ります。美代子は、実が悪いわけでも川本世津子(菅野美穂)が悪いわけでもないことはわかっている。

 

だから、謝らないでほしいというのです。しかし、実はまだ混乱していますと正直に心を打ち明けます。その実の話を聞いて、みね子に実と一緒に東京にいられるけと聞きます。

 

みね子は大丈夫だという。美代子は、気持ちがちゃんと落ち着いたら・・・自分の家に帰ってみたい。そう思ったら帰ってきてください。美代子は、無理やり連れて帰ったみたいで幸せでない。

 

そう話て、実に任せるというのです。でも黙っていなくなるのだけはやめてとお願いします。美代子は、奥茨城村に帰るのでとみね子に託したのです。ひよっこ107話のあらすじはここまで。ひよっこ108話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ107話の感想

ひよっこ107話のあらすじはすごいよかったですね。感動してしまいました。川本世津子の家から実を連れて帰ったときはちょっと強引すぎないかな?って感じていました。

 

でも、ひよっこ107話を見るとやっぱり家族だなあって思いました。3人で食事をしていると、実の記憶がなくても家族にみえますよね。特に美代子が素敵って素直に思いました。

 

なんちゅうか、しっかりと実の気持ちを考えて無理に奥茨城村に連れて帰るのではなくいったんは、実に気持ちの整理をつける日を置いた。この心遣いが素敵だなって。

 

ずっと、待っててやっとあえた。その気持ちが強かったら実の気持ちを考える余裕がなくなると思うんです。それにもかかわらず、美代子は実がまだ戸惑っていると感じたらワンクッションおく。

 

その気持ちがとてもいいなって思いました。みね子は、ちょっとの間大変かもしれないですけどね。でも、あかね荘の人たちもすずふり亭の人たちも優しいので安心かな。

 

なんかそんな気がしますね。実もきっと溶け込めるんちゃうかなって思います。それで、どこかのタイミングでみね子のことや家族のことを思い出してくれたらいいかな。

 

そんなことを感じました。ただ、ストーリーとは全然関係ないんですけど実がみね子の部屋に泊まるようになったら、時子(佐久間由衣)はどうなるんだろ?どこに泊まるんやろ?

 

なんて疑問に思いましたね。時子も行くところなくてみね子のところに来てましたからね。それが気になりました。ひよっこ107話の感想はここまで。ひよっこ108話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)