ひよっこ第104話の感想・あらすじ「涙の手紙」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の104話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第104話のタイトルは「涙の手紙」です。

 

ひよっこの103話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は実(沢村一樹)と再会し、思いの丈をぶつけました。しかし、実は記憶喪失になったままです。

 

その続きとなるひよっこ第104話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



ひよっこ104話のあらすじ

みね子は、鈴子(宮本信子)や愛子(和久井映見)、そして時子(佐久間由衣)が待つすずふり亭の裏庭に帰りました。時子に声をかけられ涙を流すみね子。

 

3人に心配されながら、みね子は起きた出来事について話はじめました。お父ちゃんに会えて、生きていて元気だったのでうれしかった。でも、覚えてないことが悲しくて。

 

そう話すのでした。そして、川本世津子(菅野美穂)のことも最初は怒ったけど、お父ちゃんのことを助けてくれたのかもしれない。そういい、美代子(木村佳乃)に連絡しなければ。

 

そういうと、心を落ち着かせて手紙を書くように鈴子と愛子がみね子にいうのでした。みね子は手紙を書きますと言って、部屋に時子と一緒に戻っていったのです。

 

その晩、みね子は美代子に手紙を書きます。しかし、なかなか難しいんです。なにを書いたらいいのかわからないというのです。すると、時子はみね子の気持ちは書かなくていい。

 

どう思うかは美代子が感じることだ。だから、事実を伝えればいいと時子はいうのでした。みね子は、実(沢村一樹)のことを話しました。みんな優しかったです。

 

富(白石加代子)には飴をもらいます。早苗(シシド・カフカ)は何も言わずただ抱きしめてくれました。漫画家の二人は、何か言いたいけど言えない。

 

それでも、みね子はお礼を言うのでした。そして、秀俊(磯村勇斗)や元治(やついいちろう)もみね子のことを心配します。また、商店街の人たちもいろんなものをくれます。

 

そうやってあかね坂商店街全体で元気づけてくれるのでした。すると、省吾(佐々木蔵之介)もサンドイッチを作ってくれました。それを時子と食べるみね子。

 

そして、みね子の手紙が美代子のもとに届いたのです。気がどうてんする美代子。ひよっこ104話のあらすじはここまで。ひよっこ105話のあらすじにつづく。




ひよっこ104話の感想

ひよっこ104話のストーリーも本当によかったですね。なんちゅうか、もういっぱい泣きそうになってしまいました。でも、やっぱりさすが鈴子やなあって思いました。

 

美代子にどのように知らせたらいいのかを手紙にするようにアドバイスしたり、実に会えたこと。元気で生きていたことだけを考えるようにしなさい。

 

その二つの言葉が私の中ではズシンと響きましたね。なんちゅうか、人って悪いことだけどうしても思ってしまいますよね。自分のことを覚えてくれてない。

 

完全に記憶を失ってしまっている。それがいつ回復するかもわからない。そんなことだけを考えてしまうんですよね。私もみね子と同じ立場ならそうなんだと思います。

 

どうしても、会えた喜びよりも記憶喪失になっている現実のことをどうしよどうしよって悩んでしまうんです。でも、冷静になると元気で生きていること。

 

どこにいるかわかったこと。またいつでも会えることを考えるとすごく前進していますよね。実に会うまでは、生きているのかどうかも半信半疑の状態だったわけですからね。

 

確かに記憶については今後どうなるかわからない。これは間違いないですね。でも、会える。生きているってだけで大きく前進してるんですね。

 

私が美代子の立場だったらきっとそう思いますね。ただ、事情を知らないちよ子(宮原和)と進(高橋來)にはどうやって説明しようかな。

 

そのことだけがずっと試案していく感じになると思います。起きていることを変えることはできないですから、子供たちがどうやったら一番傷つかないかな?

 

ただ、それだけをおもいっきり考えると思います。もちろん、実を奥茨城村に連れて帰るかどうかとかっていろんな問題はあると思います。

 

でも、最終的に究極のところは親だったらそこを一番に思うと思います。ひよっこ104話の感想はここまで。ひよっこ105話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)