とと姉ちゃん(117話)感想「運命の再会」あらすじ

ラブ

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第117話(8月17日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「運命の再会」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん117話のあらすじ!

とと姉ちゃん116話のあらすじで、常子(高畑充希)が粗悪品を目にしたことから商品試験を思いついてんな。そのことに、花山(唐沢寿明)も賛成しててん。

まずは、石鹸の商品試験をすることが決まってんな。とと姉ちゃん117話のあらすじはその続きから始まるんやんな。あなたの暮しでは、石鹸の商品試験をみんなで行っててんな。

最初に行ったのは、どれだけ汚れが落ちたのか。そこから初めてんな。正確な結果を得られるように、発破をかける花山。常子たちは台所の取材も行っててんな。

すると、先日の子供・青葉と大樹がやってきて・・・今日はお父さんがいるのでこっちきてと家に行くんやんね。すると、その父親というのがなんと星野武蔵(坂口健太郎)やってんね。

そのことに驚きを隠せへん常子。星野も驚きを隠せへんねな。そこを台所を見せて欲しいと社員が言ってんやんね。星野はうちでよければということで、台所を見せてくれてんな。

社員たちは台所を見る取材をすすめてんけど、常子は心ここにあらずの状態やってんな。社員が奥さんはと聞くと、先立たれたと星野が答えてん。常子は仏壇の遺影が目にとまってん。

青葉は、常子の服装がとてもきれいとスカートをほめてん。そして、台所の写真をとって取材を終えてんな。大樹がまた今度遊びにきてねというと、常子はまたねと言って去っていくねん。

自宅で夕飯を食べる常子に君子(木村多江)が美子も食べると思って作りすぎたと話すねんな。すると、常子は今日、星野と再会したことを君子に話てんね。

君子も驚くねん。常子は、15年ぶりに再会してもしかしたら戦争でと思っていたので、元気に暮らしてたことがただただうれしかったと話すねんね。

あなたの暮しでは、石鹸の香りを検査しててんけど毎日商品試験してるため、匂いがわからへんようになっててんな。そこに、花山がお願いしていた綾(阿部純子)と梢(佐藤仁美)がやってきてん。

常子たちの代わりに香りの商品試験をしてくれてんな。そして、成分については民間の検査機関にお願いしてんねな。延べ300個の石鹸の試験を行ってんね。

石鹸の試験結果が出たと、花山が嬉しそうにやってきてんな。その理由は、最大手の汚れの落ち具合、香り、手荒れなどどれをとっても麗風堂の評価が一番低いという結果が出てたからやんね。

評価が高いのは、まったく聞いたことのない石鹸やってん。そこに、民間の評価機関は公表されては困ると言ってきてんな。それでは、試験結果を公表する意味がないと花山と常子が怒ってんな。

評価がわかってもメーカー名がわからなければ、消費者は石鹸を選ぶことはできないと常子がいうんやんね。すると、民間の評価機関はもしのせるのであれば評価を取り下げるというねん。

評価機関は、麗風堂との長年の付合いがあるのでその顔に泥をぬるわけにはあかんというねん。社名をふせ、A社、B社にしてもらいたいそう話す評価機関の職員。

数値を載せないのであれば、検査結果は載せないでほしい。そういってきてんな。とと姉ちゃん117話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん118話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん117話の感想!

とと姉ちゃん117話のあらすじをまとめると、星野武蔵と常子が運命的な再会を果たした回であってんな。また、石鹸の商品試験が民間の検査機関の影響で暗礁に乗り上げてんやんね。

しかし、民間の評価機関はあかんねえ。載せないでほしいっていうなら、最初から仕事を受けたらあかんわいね。麗風堂の検査結果が低いってのはわかってなかってもあかんな。

常子と花山はどうするんやろか。A社、B社ってしたら結局読者は、どの石鹸がいいのかわかれへんやんな。でも、試験結果を公表しいひんかったら、独断と偏見であなたの暮しが石鹸の順番をつけてることになるやんな。

このあたりのバランスを考えて判断しいひんとあかんわいね。せやけど、ここでもスポンサーとの関係ができてくるんやんな。なんか、広告のせること取引あることがいかに制約があるかってわかんねな。

今後、このあたりをどうするのか。そこんところが気になりますね。そして、もう一つの今日の見どころは星野との再会でしたね。もう常子は固まってしまっててん。星野も固まっててんけどね。

なんか、あなたの暮しの社員だけが動いてるみたいな。ただ、どうなんかな。奥さんが亡くなっていることから、今後の常子との関係が楽しみですね。なんか運命的な再会って本当にこんなこというんちゃうかなって。

どうしても、常子は家族を守るために星野のことは忘れなければあかんようになってたから、このタイミングで再会ってのが面白いところやんな。また遊びにきてと子供が言ってたので、ここになにか関係がありそうな。

せやけど、君子には星野のことを相談してんな。なんか、その表情がよかったですよね。複雑やねんけど、嬉しそうな表情。これがとっても印象的やってん。

今後、あなたの暮しの商品試験と併せてこの常子と星野の関係がどうなっていくのか。そこのところが気になりますね。いよいよ常子の恋が本格的に動きだしてきてんな。

これまで、いろんなものを抑えてきてた常子だけに楽しみですね。とと姉ちゃん117話の感想はここまで。とと姉ちゃん118話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(118話)感想「オシャレおばちゃま!」あらすじ

常子と星野武蔵の今後のネタバレはコチラ

とと姉ちゃん(116話)感想「商品試験発案!」あらすじ

とと姉ちゃん(114話)感想「伝説のスピーチ」あらすじ

とと姉ちゃん 20週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)