ちゅらさん第63話あらすじ「エリーが失恋?」

このページでは、NHK朝ドラ「ちゅらさん」の第63話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

ちゅらさん第62話のあらすじで、エリー(国仲涼子)は文也(小橋賢児)くんにもう一度会いにいくことを決めました。

 

ちゅらさん第63話は、エリー(国仲涼子)が病院に行ったつづきからはじまります。ちゅらさん第63話のタイトルは「エリーが失恋?」です。

ちゅらさん あらすじ第63話

エリー(国仲涼子)は、スーパーボールを見つめながら病院の廊下を歩いていました。そして、文也(小橋賢児)がいるところを見つけます。

西宮
上村、なんか難しそう。ねえ、上村レポートなにするか決めた?
文也くん
俺は、治療とケアというテーマで書いてみようと思う。そっちは?
西宮
終末期と医療の在り方。

エリーは、思わず隠れてしまいます。文也くんは、それになんとなくかんづきます。

西宮
どうしたの?
文也くん
なんか知ってる子かなって思って。ここにいるわけねえもんね。違うか。
西宮
誰が?
文也くん
なんつうか幼馴染。って言っても2週間ぐらいしか一緒にいなかったんだけど。俺の初恋の人ってやつかな。小学校6年生の時に、家族でいったことがあってね。そこに泊まってた民宿の子で、歳一個下でエリーって子でさ。かわいかったなあ。好きだったんだよな。
西宮
へえ~
文也くん
大人になったら結婚しようって約束してた。
西宮
それで?結婚するの?
文也くん
まさか。だって、小学校の時の話だよ。
西宮
向こうは本気だったりして。
文也くん
まさか。だって、それから一回も会ってないもん。

エリーは持っていたスーパーボールが転げていってしまいます。エリーは打ちのめされてしまったのです。エリーは泣いてしまいます。

エリー
スーパーボール。

しかし、エリーはスーパーボールをなくしたまま帰ることになります。

 

ゆがふでは、お通夜のような状態でした。

容子
やっぱりダメだったのかな。
柴田
あなたのせいだ。
真理亜
いずれわかることでしょう。
柴田
みなさん、ダメだったって決めつけてないですか。もしかしたら、話がはずんでいるのかもしれないし。
エリー
どうも、遅くなってしまいました。
恵達
おかえり。ねえね。
真理亜
で、どうだったの?
エリー
マリアさんの勝ちです。私は、文也くんにとって過去の女でした。
真理亜
過去の女だ?
容子
じゃあ、また何も言わずに帰ってきたわけ。
エリー
声かけれませんよ。横に彼女みたいな人いたし、美人だし頭よさそうだし。
柴田
その人は本当に彼女なのでしょうか。ただの女友達じゃないんですか。
エリー
わかりますもん。見れば。
柴田
その男殴ってやりたい。
真理亜
文也くんは何も悪くない。そんなの信じてる方が悪い。
エリー
でも、文也くんちゃんと覚えてくれてたんですよ。私のことも、結婚の約束のことも。そのことはうれしかったんです。
恵達
いいよ、ねえね。
兼城
今日は、飲もう。店は閉店さ。

沖縄の古波蔵家では、おばあ(平良とみ)が言っています。

おばあ
嫌な予感がするさ。もうすぐなるよ。
勝子
どうしよう。
恵文
泣いてしまったらダメだよ。明るく、励まさないと。
勝子
そうだね。文ちゃんでて。
恵文
こういう時は、母親さ。
勝子
お母さん。
おばあ
おばあはダメだよ。失恋したことないから。

そして、電話がなりました。

エリー
お母さん・・・お母さん・・・
勝子
エリー。

勝子(田中好子)は思わず泣いてしまいます。

恵文
泣いたらダメさ。

その頃、文也くんはエリーに電話をかけます。しかし、話中でした。ちゅらさん第63話のネタバレ,あらすじはここまで。ちゅらさん第64話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちゅらさん第64話ネタバレ,あらすじ
ちゅらさん ネタバレ,あらすじまとめ
ちゅらさん全巻DVDはコチラ
ちゅらさん第11週ネタバレ,あらすじ