ちゅらさん第50話あらすじ「ごめんなさい」

このページでは、NHK朝ドラ「ちゅらさん」の第50話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

ちゅらさん第49話のあらすじで、恵尚(ゴリ)がゆがふの雑誌記事を見て、エリー(国仲涼子)を訪ねてやってきました。

 

ちゅらさん第50話は、テレビ局の人が来たところからはじまります。ちゅらさん第50話のタイトルは「ごめんなさい」です。

ちゅらさん あらすじ第50話

テレビ局がゆがふにランチの生中継させてほしいとやってきました。

恵尚
きた、きた、きた、きた。順調な滑り出しだね。立派な店にしようじゃないかってことさ。テレビが来る。生中継をする。するとどうなる?
兼城
客が増えるよね?
恵尚
そうさ店長、客がさばききれんようになるさ。すると、どうなるエリー。
エリー
どうなるって?
恵尚
一軒だけじゃ足りなくなるさ。すると、どうなるエリー?
エリー
どうなるって?
恵尚
ちゃんと、考えてるのか。支店をだすのさ。ゆがふ2号店さ。ゆくゆくは、ゆがふチェーンにしていくのさ。そして、目指すは・・・
エリー
世界さ。
恵尚
店長は、ゆがふチェーンのオーナーさ。
兼城
俺が?
エリー
にいに。にいに。

そういっているタイミングで、お客さんが入ってきます。エリーは、恵尚を一風館に連れてきます。

恵尚
それは、考えすぎさ。商売やって儲からない方がいいなんてないさ。喜んでたさ。店長も。
エリー
それは、店長がいい人だからだよ。
恵尚
テレビのこと、沖縄に電話しときなさい。にいにのこと言わんでいいから。
エリー
なんで。
恵尚
怒られるから。それに、驚かせてやりたいから。

そして、テレビの生中継の日がやってきました。

恵尚
みなさんもテレビだからって、自然に目立とうとせずに。よっし。

すぐに、レポーターがやってきます。

恵尚
こちらが、店長の兼城さん。こちらが常連さん代表の池端容子さん。名前なんだった。
柴田
柴田です。
恵尚
それと・・・エリーは?なにやってるかな。うちの看板娘。時間だよ。エリー。とこいってたエリー?
エリー
ごめんなさい。

古波蔵家では、みんなが集まってテレビを見ていました。古波蔵家の人たちは、すぐに恵尚だとわかってしまいます。恵尚は、悪目立ちします。

勝子
エリーはなんか変ですよね。緊張してるんですかね?
おばあ
嫌な予感がするさ。
エリー
ごめんなさい。ランチタイムの営業は、もう辞めます。
真理亜
うわあ。
エリー
すいませんでした。

ちゅらさん第50話のあらすじはここまで。ちゅらさん第51話のあらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちゅらさん第51話ネタバレ,あらすじ
ちゅらさん ネタバレ,あらすじまとめ
ちゅらさん全巻DVDはコチラ
ちゅらさん第9週のネタバレ,あらすじ