ちゅらさん第14話あらすじ「最高さ」

このページでは、NHK朝ドラ「ちゅらさん」の第14話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

ちゅらさん第13話のあらすじで、恵尚(ゴリ)はゴーヤーマンが売れないことから古波蔵家からいなくなります。

 

ちゅらさんのあらすじ第14話は、恵尚(ゴリ)がいなくなったところからはじまります。ちゅらさん第14話のタイトルは「最高さ」です。

ちゅらさん あらすじ第14話

おばあ
やっぱりね。

恵尚(ゴリ)から手紙が入っていました。

恵尚
当座の生活資金5万5千円お借ります。残った借金とゴーヤーマンよろしくお願いします。

古波蔵家は、みんなで笑います。

恵達
なにがおかしいわけ。どうするの借金。このゴーヤーマン。笑うな。

恵達(山田孝之)がいくらそういっても、みんな笑います。

正一
おはようございます。島袋です。楽しそうに笑ってたので、なにかいいことでもあったのですか。今日は請求書もってきました。
おばあ
なんの?
正一
なんのって、ゴーヤーマンのですよ。
恵文
島袋くん。念のため聞くんですけど、工場の経営は順調?
正一
ほそぼそとはやってますけど。
恵文
家族は?
正一
一人でやってますけど。
勝子
島袋くん、恵尚消えてしまってね。でも、お金は私が払うから。すぐにってはいけないけど。
正一
わかりました。

家族だけになって、勝子(田中好子)がみんなに謝ります。

勝子
恵文さん。本当にすみませんでした。お義母さんもすみませんでした。
おばあ
勝子さん。怒るよ。
恵文
そうさ。何言ってるの。

恵文(堺正章)が仕事に行った後、その話になります。

恵里
なんで、お母さんがお父さんに謝るの。おかしいさ。
恵達
もともと、賛成してたのお父さんだしさ。お母さん反対してたし。
恵里
プロデューサーとか言ってさ。
恵達
だいたいお父さんは調子にのりやすいところがあるしさ。
恵里
やっぱり、お母さんが謝るのはおかしいさ。
勝子
やめなさい。お父さんのこと悪く言うのは、お母さん許さないよ。お父さんのこと尊敬してるさ。ダメなところばっかりだと思うよ。でもね、私は人としてお父さんを尊敬しているの。お父さんはすごい人だよ。
恵里
どこがすごいの。私もお父さんは好きだけど、すごいかっていわれると・・・
勝子
お父さんとお母さんは、那覇で出会ったのね。その時、お母さん付き合っていた男と別れたばっかりだったの。その男は、悪い奴で消えてしまったの。そんな時に、お父さんと出会って熱烈なプロポーズを受けてね。
恵里
受けたんだね。
勝子
一度は断った。だって、その時にお腹の中に恵尚がいてね。お腹の子を連れて結婚するわけにはいかないから。
恵里
ちょっと待って。それって・・・
勝子
でも、お父さん。そんなの関係ないって言ってくれたの。それでお母さんは、小浜にお嫁にいった。小浜で恵尚が生まれた。恵里と恵達が生まれた。
恵里
じゃあ、お父さんとおばあは、にいにと・・・
恵達
本当の親子じゃないんだ。
おばあ
恵尚は、おばあの孫さ。
勝子
お母さん、お父さんとおばあに感謝しているの。本当に素敵な人だと思うの。
恵里
だって、にいにはお父さんと一番よく似てて、仲もよくてさ。なにもかもそっくりだっていつも言ってたじゃん。
おばあ
その通り。あの二人はそっくりさ。
恵達
にいには知ってるの。そのこと。
勝子
うん。あんたたちのお父さんはすっごい人なんだよ。お母さんは、ぞっこん惚れてるさ。

恵里と恵達は、そのことを2人で話します。

恵里
お父さんかっこいいね。見直したさ。
恵達
俺もちょっと見直した。
恵里
最高さ。お父さん。
恵達
最高かどうかはわからないけど・・・
恵里
最高さ。
恵達
けど、状況は何もかわってないんだよ。借金は残るし、ゴーヤーマンは残るし。
恵里
そんなこと、なんくるないさ。最高さ。うちの家族・・・
恵達
ったく子どもだね。
恵里
最高さ。お父さん

ちゅらさん第14話のあらすじはここまで。ちゅらさん第15話のあらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちゅらさん第15話ネタバレ,あらすじ
ちゅらさん全巻DVDはコチラ
ちゅらさん第3週のネタバレ,あらすじ