ちゅらさん第11話「ゴーヤマンが売れた?」あらすじ・感想

NHK朝ドラちゅらさん。その第11話は「ゴーヤマンが売れた?」です。ちゅらさんの第10話では、ゴーヤマンのヘルメットで古波蔵家でひと悶着ありましたが、おばあ(平良とみ)の黄色で決定しました。ついにゴーヤマンが店頭に並びます。第11話は、その続きからスタートです。

 

 

 

恵里国仲涼子)「なんかドキドキするねえ。」

 

恵文堺正章)「ああ。」

 

 

ゴーヤマンが売れているかどうか確認しているのです。

 

恵里「わたし、見てられん」

 

 

 

恵尚ゴリ)「恵里。」

 

恵里「あっ何これ?きゃあ。あっかわいい。どうしよう。ゴーヤマンだって。かわいすぎるう。買っちゃおうかな。」

 

 

そういって、近くにいた高校生にゴーヤマンをアピールしますが、逆効果です。気持ち悪いと言われます。

 

恵里「私、試合だから言ってくるさ。」

 

 

次は、恵文恵文がいうと、なぜか2人買ってくれました。しかし、店の人から邪魔なので帰ってくれと言われます。違う店に行くと、なんとおばあが、宣伝しています。

 

おばあ「なんと言ってもこの黄色いヘルメットがいいさ。これを赤とか黒とかいう人の気がしれんさ。」

 

 

そして、勝子田中好子)も親戚にゴーヤマンをお願いします。甲子園の方はといいますと、なんと準決勝にも勝って、あと1勝で甲子園というところまできました。

 

まこと(宮良忍)「とぼけるなよ約束。あと勝ち一つでいただきさ。待っとけよ。」

 

 

恵里「ハハハハ・・・。あっそうだ。るみこ。」

 

るみこ(前原絵理)「ん?」

 

 

恵里「今日さ。ゴーヤマンの発売日なんだ。」

 

まこと「なんだそれ?新しいヒーローものか?」

 

 

 

恵里「まあそんなとこかな。じゃあ・・・ごめんね。」

 

るみこ「あと一つだね。」

 

 

まこと「おう。」

 

るみこまことさ。恵里の事、好きでしょ?」

 

 

まこと「うん。好きだよ。」

 

るみこ「うん・・・そうだよね。どこが?」

 

 

まこと「どこが?あいつ、ばかさ。考えてみ。甲子園なんていけるわけないとみんな思ってたよ。俺もるみこだってそうさ。でもよ、あいつ最初っから本気だったさ。あいつみたいなやつがいなかったら絶対ここまできてないさ。」

 

るみこ「そう・・・キスだきたらいいね。」

 

 

 

まこと「おう。ぶちゅっとな。フレンチキスさ。」

 

そして、恵里が学校の帰り、ゴーヤマンを買って帰ります。

 

 

恵里「なんで私が買ってるわけ?」

 

家に帰ると・・・恵達山田孝之)も慌てて机をしめます。

 

 

恵達「なんで、俺が買ってしまうわけ。」

 

そう言ってゴーヤマンをしまいます。

 

 

恵尚「恵里おかえり。」

 

恵文「おめでとう。決勝進出。」

 

 

勝子「おめでとう。」

 

恵達「ここまできたらもう一回勝てばいいさ。」

 

 

勝子「すごいさ恵里。」

 

恵里「私がやってるわけじゃないけどね。選手たちはすごいさ。頑張ってるよ。」

 

 

恵文「そうかあ。」

 

山積みの段ボールを見て恵里がいいます。

 

 

恵里「これ、みんなゴーヤマン?」

 

恵尚「うん。そう。」

 

 

 

恵里「どうしてここに?」

 

恵尚「工場に置いとけないっていうからさ。」

 

 

 

恵里「そうなんだ。あっ私も5個買ってしまったさ。」

 

恵尚「なんで恵里が買うわけ?」

 

 

 

恵里「よくわからないけどさ、そうなってしまって。で、あれからどうなった?」

 

恵尚「え~家族全員集合したところで、緊急役員会を開こうと思います。」

 

 

 

恵達「何が役員会だ。」

 

勝子「恵達、ほら。」

 

 

 

恵尚「発売日初日の営業成績を報告いたします。ゴーヤマンを卸した土産物店すべてに問い合せました。売れ行きは好調でございます。」

 

恵里「うわあよかったねえ。」

 

 

 

恵尚「ええ、全体をコンピュータで集計しました結果・・・」

 

恵達「ただの電卓じゃねえか。」

 

 

 

恵尚「本日1日で、ゴーヤマンは58個うれました。」

 

恵里「すごいねえ。どれくらいもうかった。」

 

 

 

恵尚「もうけでございますか?」

 

恵達「質問。」

 

 

 

恵尚「どうぞ、恵達くん。」

 

恵達「こういうのって、大量に生産しないと単価がかかりすぎるっていうけど、いくつ作ったわけ?」

 

 

 

恵尚「お答えします。5000個でございます。」

 

恵里「何?恵達、どういう意味?」

 

 

 

恵達「いくつ売ったらもうけになるわけ?」

 

恵尚「お答えします。3000個でございます。」

 

 

 

恵里「は?3000個?じゃあ何?3000個売ってやっともうけが生まれるってこと?」

 

恵達「そうだよ。1個につき、いくらだっけ?」

 

 

 

恵尚「150円のもうけでございます。」

 

恵文「そりゃあ大変だねえ。」

 

 

 

恵達「当たり前さ。」

 

恵里「3000・・・」

 

 

 

恵尚「何?暗くなってる?大丈夫って。人気に火がつけばあっというまさこんなの。」

 

恵文「そっか。そうだよね。あっという間だよね。」

 

 

 

恵尚「そうさ。軽い軽い」

 

勝子「そうだね。そうだよね。」

 

 

 

恵里「人気に火がつかなかったら?」

 

恵尚「うん?」

 

 

 

恵里「火がつかなかったらどうなるの?」

 

おばあゴーヤマンと借金が残るさ。」

 

 

 

恵里「えっ?」

 

勝子「そんなの嫌。」

 

 

 

恵達「何で今頃そんなことに気づくわけ?」

 

恵尚「大丈夫、売れるよ。大丈夫。」

 

 

 

おばあ「おばあね。こういうの作ったのだけど。これ着て営業するさ。」

 

ゴーヤマンの着ぐるみです。

 

 

 

恵達「俺は嫌だよ。」

 

そう言って、じゃんけんをした結果、恵達が負けてしまいます。

 

 

 

恵達「嫌だあ~」

 

勝子恵文が話しています。

 

 

 

恵文「どうした?」

 

勝子「58個売れたって言ってたでしょ?私、実は10個買ったんだ。」

 

 

 

恵文「あれえ、実は俺も10個買って会社の連中に配ったさあ。」

 

おばあ「おばあも20個買って友達に配ったさ。」

 

 

 

勝子「じゃあそれで、40個。恵里が5つ買ったって言ってたし、さっき恵達が5つ買って隠してるのみたさ。」

 

おばあ「ということは・・・」

 

 

 

恵文「売れたのは8つだけ・・・」

 

勝子「そうなるね。」

 

 

そして、決勝戦は雨で一日順延になります。ちゅらさん第11話あらすじはここまでです。

 

 

ちゅらさん11話の感想

 

第11話では、古波蔵家の運命をかけたゴーヤマンが発売されます。なぜか、恵里恵達ゴーヤマンを買ってしまいます。

 

しかし、ゴーヤマンの現実は8つしかうれていません。今後どうなってしまうのか?恵達のいうように、借金が残るのをなんで今頃きづくわけ?ってところが的をえていますよね。

 

でも、そこが古波蔵家のいいところでもあるんですけどね。第12話にゴーヤマンが爆発ヒットするのか?注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)