とと姉ちゃん(139話)感想「読者の声!」あらすじ

握手

こんにちは。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第139話(9月12日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「読者の声!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん139話のあらすじ!

とと姉ちゃん138話のあらすじで、常子(高畑充希)が商品試験について再び悩むねんけど、社員も常子と同じような想いをしててんね。とと姉ちゃん139話のあらすじはその続きから始まるねん。

電気屋のアンケートでは、47.2%の人がやり方に問題があると答えたと新聞で報道されてんね。また、使用感だけでなくデザインも評価するべきといった意見なども載せられててんね。

大東京新聞には、あなたの暮しの白黒はっきりさせて欲しいと投書が来ててんね。そのため、国実はメーカーに話をもっていってんな。国実はアカバネ電気に電話してん。

そして、国実とアカバネ電気の村山などがやってきてんね。洗濯機の商品試験を公開試験してほしいと言って、あなたの暮し出版にやってきてんねな。メーカーの人たちもやましいことがないのなら、みせて欲しいというねん。

国実は、疑いは公開で晴らすべきだというねん。花山(唐沢寿明)は、一方的に疑いをかけているのは君たちだというんやんな。試験の方法は、記事に掲載しているそういって突っぱねるねん。

常子も自分たちの商品試験は間違っていないので同じ気持ちだというねん。今日のところはということで、かえっていった国実とメーカーの社員たち。

次の休日に、美子(杉咲花)と常子は鞠子(相良樹)の家を訪ねてんな。鞠子の家には洗濯機を購入してんな。洗濯機が来てから鞠子は洗濯が大好きになったとたまきがいうねん。

そこに近所の人たちがやってきて、常子と美子にあえて感激する鞠子の近所の人たちやんな。一方、花山は休日にもかかわらず事務所で仕事をしててんね。

常子たちがそこに訪れてん。きっと、花山がいるだろうと。花山は読者から来ていた手紙を気になって読んでてんな。3割ぐらいが批判の手紙だというねん。7割が応援の手紙。

今のあなたの暮しには根強い愛読者がいる。だからこそ、批判の声など無視していいと思っていた。しかし、悔しいって読者の声が手紙から聞こえてきたというねん。

自分たちを信じてくれている読者のために、戦う姿を見せましょう。そう常子がいい、公開試験に応じることにしてんね。アカバネ電気でも公開試験を受け入れること喜ぶねん。

洗濯機は、お金も時間もかけているからほかのメーカーよりもいい結果がでるので売れる。そして、商品試験のおかしな点を探して常子たちの信頼を落とすように企むねん。

そのことを喜ぶ赤羽根。とと姉ちゃん139話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん140話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん139話の感想!

とと姉ちゃん139話のあらすじをまとめると、大東京新聞の提案で洗濯機の商品試験を公開で行うことを常子たちが受ける決断をした回やってんな。

花山の気持ちすごいわかる。3割の批判なんか無視すればいい。私もそう考えてしまいそう。でも信じてくれているファンの人たちが悔しい思いをするのは、ちょっと違うのかな。

そんな人たちのためにも公開試験を受けるって、みんなの方向性が一致したところにあなたの暮しの強さがあると思うねんね。常子たちはもちろん、公平にやっているしそれをただ公開したらええだけやもんね。

ただ、こういうの公開したら真似する会社がでてきそうで不安になると思うねん。ほかの会社があなたの暮しをパクる可能性がありますよね。そういったことも考慮しなあかんよね。

なので、そういった判断ってとても難しいですよね。ただ、読者のためにってだけではいかないところがあるんで、そこについてはね、リスクがつきものといいますか。

せやけど、商品試験って難しいですよね。新聞に書いてあったようにデザイン性の評価も入れるってなると、もうセンスのものになりますからね。元々は、粗悪品が多いのでいいものを伝えたくてしてますからね。

そのいいものであると判断するのが、デザイン性ってなるとなかなか難しい。今の時代であれば、このデザイン性ってところが最も重要になるかもしれないんですけどね。

当時の日本では、まだまだ機能性だけでも欠点があるものが多かったんでしょうね。アカバネ電気は、商品試験の公開について喜んでいましたが何か悪だくみしているんやろか?

なんか、おかしなこと言い出しそうで怖いですよね。とんでもないクレーマーみたいに。ただ、ほかのメーカーの人たちもいているんでそれはなかなか難しいんかもしれへんけどね。

商品試験の公開がどんな形で行われるのか。洗濯機の商品試験なので、割かし判断しやすいところがあるので普通にいけば公平なものになると思いますよね。

いったい、この商品試験の公開が常子たちにとって吉とでるのか凶とでるのか。そのあたりが注目になりますね。とと姉ちゃん139話の感想はここまで。とと姉ちゃん140話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(140話)感想「公開試験!」あらすじ

とと姉ちゃん(138話)感想「社長と社員のギャップ!」あらすじ

とと姉ちゃん 24週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん ネタバレ・最終回も結婚なし?詳しくはコチラ!!

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)