とと姉ちゃん(116話)感想「商品試験発案!」あらすじ

試験

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第116話(8月16日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「商品試験発案!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん116話のあらすじ!

とと姉ちゃん115話のあらすじで、キッチン(台所)を取材するためにいろんな家を回っていた常子(高畑充希)。その最後に、8歳の大樹くんと5歳の青葉ちゃんに会うんやんね。

とと姉ちゃん116話のあらすじはその続きから始まるんやんね。常子がその子供2人におうちの人いると訪ねてんけど、旦那さんが留守なので勝手なことはできへんとお手伝いさんに言われてんな。

すると、青葉の服に傘の赤い色がついてんな。水で傘の色が落ちてお気に入りの洋服が汚れて悲しむ青葉。その様子をじっと見つめる常子。そして、あなたの暮し出版に戻るねん。

そこでは、新しいミシンを初めて動かすというところやってんな。しかし、そのミシンの針が社員の顔に当たり血がでてんな。花山(唐沢寿明)は販売者に電話をしてんな。危うく失明するところだったというねん。

常子は、そのことでひらめくねんな。青葉の服とミシンの不良品。それを見て、商品試験をあなたの暮しでするというねん。粗悪品を買わされる消費者のために商品試験をすると常子が宣言してん。

メーカーの検査を信じるから、あのミシンのようなことになると力説してんねな。花山もその企画にすごくいいと賛同してんね。すべて実名を出し、危険なものを読者に届けるようにいうねん。

そして、いきなり企画会議が始まってんね。そこで、石鹸を第一回に取り上げることにしてんな。石鹸の成分などの分析は、民間の検査機関に任せるようにしてんな。さっそく翌日から取り扱うことになってんね。

水田(伊藤淳史)は家で、鞠子(相良樹)に企画のことを話すねんね。子供のたまきも喜んでてん。常子は、最新号をキッチン森田屋の宗吉(ピエール瀧)のところにもっていってんね。

美子(杉咲花)は後ろを覗いててんな。美子は南大昭と交際をしててんね。常子はごゆっくりと帰っていくんやんね。宗吉と照代(平岩紙)は、あとは常子だけだなと美子にいうねん。そして、みんなでどうしたもんじゃろのうと言い合います。

常子は美子と南のことを君子(木村多江)に話てんな。君子は、コックさんが相手なんて食いしん坊の美子らしいと笑っててんな。また、商品試験のことも君子に話てん。

君子は、お仕事楽しいのと質問してんな。自分のころは、常子のようにやりたいことで生きている人がいなかったからどうかと思ってと聞くと、常子は楽しいと即答してんやんね。

石鹸の商品試験について、花山が仕事を割り振るんやんな。花山の指示のもとこうして商品試験がついに始まってんな。とと姉ちゃん116話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん117話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん116話の感想!

とと姉ちゃん116話のあらすじをまとめると、常子が青葉の服の汚れ。ミシンの針が飛んで社員が怪我をするところを見て、商品試験を思いついた回やってんね。

この時代、本当に好景気で物があふれるようになってきててんね。今の時代なら、そんな粗悪品が売れることがないと思いますがまだ発展途上ということで粗悪品もおおかってんな。

ミシンの針が、飛ぶとかってありえへんよね。本当に花山が話してたように、目に入っていたら失明やもんね。ひどい商品やんね。ありえへん。花山が怒るのも無理あれへんわいね。

ただ、転んでもただでは起きひんのが常子やんな。そんな社員さんの様子や青葉を見てから、商品試験を発案できてん。この企画は実現出来たら本当にすごいですよね。

今の世の中とかでもありますよね。インターネットのアフィリエイトなんかまさにこれ。ただ、それは商品を売るためだからあなたの暮しとは大きく異なりますよね。

純粋に消費者のために品質を伝えたい。そんなすごい企画は、きっと今でもできひんよねって思うんやんな。特に雑誌などは、常子たちが言うように広告を載せてたらできひんやろし。

法的な観点からはできそうな気がしますけど、実際にできるかってなるとかなりハードルが高いですよね。それを戦後のこの時代に出来るってことがすごいよって思ってしまう。

実際にモデルになっている「暮しの手帖」でも商品テストを実践していたことですし、それを考えると凄すぎですね。本当に画期的すぎます。

「暮しの手帖と私」原作は楽天から♪

ただ、ずっと気になるのが青葉と大樹のところの表札が星野ってなっているところ。ここに何かの伏線を感じます。今後になんかありそうな予感をさせますよね。

美子にも彼がいて、仕事も順調。本当に宗吉がいうように常子だけってとこなんよね。素敵な彼とかが出来ればええねんけどね。なんか、そんな香りがしないところがちょっと・・・。

せやけど、君子もなんかいいたげな感じもあったし、星野の表札もあってん。せやから、なんか気になりますよね。とと姉ちゃん116話の感想はここまで。とと姉ちゃん117話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(117話)感想「運命の再会」あらすじ

とと姉ちゃん(115話)感想「五反田一郎が直木賞!」あらすじ

とと姉ちゃん 20週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 21週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)