とと姉ちゃん(113話)感想「4人最後の日!」あらすじ

家族

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第113話(8月12日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「4人最後の日!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん113話のあらすじ!

とと姉ちゃん112話のあらすじで水田(伊藤淳史)の両親とも挨拶をすませた鞠子(相良樹)。その続きからとと姉ちゃん113話は始まります。

鞠子が嫁入りを翌日に控えて、鞠子が好きな料理をたくさん作っててんな。ずいぶん作りましたね。常子(高畑充希)がそういうと、鞠子はうれしいと喜んでんな。そして、4人最後となる夕食はあっという間に過ぎていってんね。

鞠子は、結婚式の衣装を見つめて何かを考えてんねな。嫁ぐ前に、4人で話をしてんな。鞠子は、昔話からしてんな。常子と美子(杉咲花)の弁当を間違って入れたことがあったけど、実はあれは鞠子が間違えたのだというんやんね。

すると、鞠子は笑って出ていこうと思ったけど思わず泣いてしまってんな。君子(木村多江)と常子と美子と一緒にご飯を食べる当たり前だったことがなくなってしまうというんやんね。

そして、君子に今までありがとうございました。鞠子は君子のようになります。そういってお礼をいうんやんな。常子にも、今まで本当にありがとうございました。そういって、頭を下げてんね。

大げさだという常子に、落ち込んでいたらいつも明るく励ましてくれて、悩んでいたらいつも背中を押してもらってどれだけ助けてもらったか・・・。常子のおかげで晴れやかな気持ちで嫁に行けると頭を下げてんね。

常子も君子同様に、幸せにね。そう言葉をかけるんやんね。そして、鞠子は美子にも話しをしてんな。鞠子は美子のことがうらやましかったというんやんね。

いつも、自分の気持ちがはっきりしている。滝子(大地真央)に素直に甘えたり、洋服造りに夢中になったりそういったところがうらやましかったと話すねん。これからは、水田と一緒に美子みたいにまっすぐ進んでいく。

そう伝えるんやんね。鞠子は、最後に仏壇の竹蔵(西島秀俊)に結婚の報告をするんやんね。鞠子は明日嫁に行きます。水田は優しくて誠実な人なので心配しないでください。

とととかかのような家庭を築きます。そう宣言してんやんな。そして、まだ結婚するのをちょっと迷っているって打ち明けてんな。なぜかっていうと、結婚すると水田鞠子(みずたまりこ)になるから。

みずたまり・・・そういって、小橋家みんなで笑い会うんやんな。翌日、鞠子と水田の結婚式が行われます。白無垢の鞠子は、きれいに着飾ってんやんな。媒酌人として、宗吉(ピエール瀧)が挨拶をしててんな。

しかし、その話が長い長い。そのことを、照代(平岩紙)が止めてようやく乾杯の音頭に入ってんやんね。正平くん、鞠子さん乾杯。そういって披露宴が始まってんやんね。とと姉ちゃん113話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん114話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん113話の感想!

とと姉ちゃん113話のあらすじをまとめると、鞠子が水田のところに嫁ぐので、小橋家で過ごす最後の日という回やってんな。この挨拶がよかったですね。なんか、ちょっと自分の結婚の時をを思い出して感動してしまいました。

どうしても、結婚前日ってこんな感じですよね。小橋家は特に父の竹蔵が早くに亡くなってたから、女性4人で大変なことも多かったですよね。だからこそ、より大きな絆みたいなものがあったんでしょうね。

なんか、その挨拶が感動的でしたね。せやけど、いつもクールな鞠子が君子や常子にお礼いうってのはわかってんけどね。美子のことをうらやましがってたというにのは、びっくりしてんな。

せやけど、誰でも長所・短所があるから、自分が思えへんようなところをうらやましがられてたりするんやんな。それが、鞠子にとっては美子の自分の気持ちがはっきりしているところがうらやましかってんな。

鞠子はどちらかというと、想いを心に秘めているタイプやからなんかもしれんな。素直に物事を考えれる美子がうらやましかってんな。なんか、鞠子の気持ちがわかるんやんね。私も素直に自分の思っていることを言えないですからね。

だから、美子のように自分の思っている考えにまっすぐに進めるってのはうらやましいですよね。どうしても、衝突を恐れてそういうことを言えないところがありますから。

せやけど、宗吉の乾杯の音頭はスピーチなみの長さやってんね。上手に話しているように見えてんけど、なんかまったく関係のないことに話がどんどん進んでいってんな。

照代が止めへんかったらなんか、滝子とまつの仲の悪い話まで進んでいきそうな予感がしてんやんね。最初からあんな感じだと先が思いやられるね。鞠子と水田は固い表情やってんな。結婚式って確かに当事者は緊張しかないですしね。

酒ばっかり飲まされて・・・みたいな。常子は目標の一つ、鞠子を嫁に出すという目標は達成しましたね。今後は、美子を嫁に出すことやその他の目標をどのように達成していくのか。自分の結婚。

そんな話も考えたりすることになるんやろか。なんか、鞠子の結婚で常子たちの恋愛にも何か動きがありそうな予感がしますね。とと姉ちゃん113話の感想はここまで。とと姉ちゃん114話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(114話)感想「伝説のスピーチ」あらすじ

とと姉ちゃん(112話)感想「一人前!」あらすじ

とと姉ちゃん 19週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 20週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)