とと姉ちゃん(77話)あらすじ「戦争の後の希望!」感想

戦争

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第77話(7月1日放送)の放送分の動画・あらすじ・感想になります。タイトルは「戦争の後の希望!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん77話のあらすじ!

とと姉ちゃん76話の動画・あらすじの終わりに、常子(高畑充希)が以前にビアホールで助けてもらったお竜(志田未来)に偶然あってんな。とと姉ちゃん77話の動画・あらすじはそこからスタートしてんねな。

お竜に話をかける常子。昔、銀座でビアホールでと言って説明してんねな。お竜は、マフラーのと常子のことを思い出してんね。お竜を家に招いた常子。お竜は、川崎の親類のところを訪ねて行っていたというねんね。

お竜は、右手を空襲で怪我したというねんな。美子(杉咲花)がくれたマフラーもさがしてくれたというと、君子(木村多江)も美子もお竜にお礼を言ってんね。そして、君子がお汁をお竜と妹たちにあげてんね。

お竜は、警戒警報が解除された直後に急に空襲が始まったというねんね。そして、家にも爆弾が降ってきてこのまま防空壕にいたら焼け死ぬと思って飛び出してきたというねん。周りは、どこを見ても焼野原だったというねん。

そして、お竜は戦争がいつまで続くんだろうと涙を流してんねな。いつかは、自分も呼ばれて・・・なんて思うと。そういって常子の傍から席を立つねんな。お竜は、去年の空襲で父親がいないから。

もし自分まで死んでしまったら、弟や妹は誰が・・・そう思うとと言って涙があふれてんね。常子もその気持ちがわかるというねん。もし、自分にも何かあればなんとか家族を守ってやりたいそういうねんね。

せやけど、お竜は家族を守ってやりたい。けど、弟たちに食べ物を恵んでもらったけど、2人のところに行く前に男たちに力づくでとられて食われてしまったと話すねんね。その腕はその時の怪我だというねん。

今までは、男に負けないという気持ちでやってきたけど、男のパワーのすごさに本当に自分ひとりで守ってやれるか。そういって涙するお竜。部屋に戻ると、美子とお竜の妹の藤乙たちと戦争が終わったら何をしたいのか話をしていてんね。

お竜の妹と弟は、戦争が終わったら上野動物園に行きたいというねんね。お竜は、いくらでも連れていってやるというねんな。鞠子(相良樹)は、いっぱい小説を書きたい。美子は、好きな洋服を縫いたい。そう口々に話していくんやんね。

そして、お竜も聞かれるねんけど、特にないと言葉に詰まるねんな。そして、最後にとと姉ちゃんは雑誌つくりだというねん。五反田(及川光博)と約束したというねんな。女の私でも自由に考えて実現する雑誌をしたいというねん。

お竜は、常子が雑誌をつくる仕事をしてることに驚くねん。その後、お竜の弟たちが眠いということで、みんなで寝てんねな。翌朝、目を覚ますとお竜と弟たちの姿がなかってんね。朝から、常子の家の前を掃除してくれてんね。

その後、お竜と常子が2人になったときに常子の雑誌をなんて読むのか。そう聞くねんね。お竜は、母親がいなかったので学校に行ってないので漢字が読めないので教えてほしいというんやんな。

常子がその雑誌を「新世界」たと教えるねん。お竜は、そして戦争が終わったらいろんなことを知りたいというねん。そして、お竜は常子がうらやましいというねん、知らないことをたくさん知っているのでうらやましいというんやんね。

すると、常子も知らないことがたくさんあるといってお互い一緒だと話すねんな。お竜は、その後親戚の家にいくために小橋家を去るねんな。とと姉ちゃん77話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん78話の動画・あらすじにつづく。








とと姉ちゃん77話の感想!

とと姉ちゃん77話の動画・あらすじをまとめると、常子たちお竜たちと一緒に戦争が終わったら何をしたいか話すって回やってんね。なんとなく、お竜と常子って生きてる世界観が違うって感じがしますよね。

でも、お竜みたいな方がなんかハングリー精神があったりするんですよね。そこのところで、お互いにないものをもっていたりって感じの関係なんかなって印象やんな。

せやけど、戦争中ってひどかったんやんね。やっぱり、みんな食べ物に困ってくるし、お竜がもらったものを力づくて男にとられたりってなんか、みんなが生きるのに必死なんやろなって感じてん。

どうしても、そうなると治安がわるくなるっていうか、モラルや法律なんかみたいなもんはあってないようなもんになってしまうんですよね。東北の震災や熊本・大分の震災に乗じてなんか盗みとかするとか、そんな報道もあったりするねんけどね。

それが行われてない普通の状況って、それだけ秩序が整ってる証拠なんやろね。その普通の状況がすごく幸せな状況っていうか。性悪説ではあれへんけど、追い込まれた時はみんなきっとそうなってしまうんでしょうね。

自分の家族だけはなんとかしたいって思いと、自分さえよければって思いが交錯するちゃうかなって。そんな状況が現在も世界各地で起こしてる戦争っていったいなんなんでしょうね。

でも、お竜は最初は戦争が終わってやりたいことってときに何も言わへんかってんけど、あとからもっといろんなことを知りたいって感じたのは常子の影響は大きいんかもしれへんな。

お竜の弟や妹が上野動物園に行きたいってのが無邪気で子供らしかったし、鞠子や美子がやりたいことも納得やんね。常子が雑誌つくりをしたいってのは、本当にやりたいことに出会ったんでしょうね。

雑誌つくりに出会う前までは、給料の多いところって考え方やってんけど、今では本当に雑誌つくりが好きってところにいってんね。東堂チヨ(片桐はいり)に平塚らいてうの雑誌を読ませてもらったところからスタートしている雑誌への思い。

それが、戦争が終わってどんな形で身を結んでいくのか。そこが、今後の楽しみですね。また、今後はお竜との関係ってどうなるかもしれへんけど、また再会できたらうれしいなって思ってんね。

常子は一度、ビアホールで助けてもらった恩を今回返しましたのでフラットの状態で今後付き合えるようになると思うんやんな。だからこそ、今後もなんかしらの関係があれば個人的には面白いなあって思ったりしてんな。

そんなシーンがあればなんか、いいなあって・・・。あくまで、個人的な希望なんやけどね。とと姉ちゃん77話の感想はここまで。とと姉ちゃん78話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(78話)感想「鉄郎が頼もしい!?」

とと姉ちゃん(76話)「生きてることに感謝!」感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 13週のネタバレ・感想・まとめ!!

とと姉ちゃん 14週のネタバレ・感想まとめ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)