とと姉ちゃん(75話)あらすじ「みんなが疑心暗鬼!」感想

みかん

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第75話(6月29日放送)の放送分の動画・あらすじ・感想になります。タイトルは「みんなが疑心暗鬼!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん75話のあらすじ!

とと姉ちゃん74話の動画・あらすじで五反田一郎(及川光博)に赤紙が届き、軍に招集されることになってんね。そのことを知った常子(高畑充希)というところからとと姉ちゃん75話の動画・あらすじはスタートしてんねな。

これを君にと社判を渡される常子。自分たちのような年寄りに赤紙がくるようなら戦争も長続きしないから、それまでもっていてほしいと五反田にお願いされるねんな。そして、常子一人になっても甲東出版は1人でもできるようにしたというねんな。

貸本屋ということで、営業を続けていけばいいというねんな。無職になったら、家族が誰が支えるのだといって・・・五反田が配慮してくれてんね。また、戦争が終わったらどんな出版をするか帰ってくるまで考えていてほしいと言われるねん。

五反田も社長の谷(山口智充)も必ず生きて帰ってくるから、その時には心から作りたい雑誌をつくろうじゃないかと言われてんね。せやけど、戦争は小橋家のくらしを確実にむしばんでいてんねな。

食料は、さつまいもばかり。冷え込む夜を四人でひっついてしのぐねんな。ようやく寝付いたときには、空襲警報がなっててんね。そんな中でも、日々の暮らしをなんとか楽しもうとする常子たち。

「ささやかなこころがけが小さな幸せをうむ。」そんな東堂チヨ(片桐はいり)の言葉を思い出し、小橋家みんなで穏やかに暮らしてんな。そして、防空演習に義務付けられ老若男女が行っててんね。

組長の三宅がどこかの家の祖母が倒れたことも責めるねんな。それを見かねて常子が間に入って、演習は大事なのはわかるがこれで、体が悪くなって肝心な時に動けなくなったら元も子もない。

そういって常子が止めようとすると、組長の三宅は組長に意見するつもりかと言って、余計に怒るねんな。防空演習を休むなら、配給を1人分減らすと言われてんね。しかも、常子もそそのかしたものとして同罪扱いを受けるねんな。

それは、勘弁してくださいとその倒れた祖母が頼みこみことは収まるねんな。そして、常子をもとの場所に戻さそうとする美子(杉咲花)の服の裁縫を見て、こんな浮かれたものつけやがってと怒りだすねんね。

浮かれてなんてという美子に・・・口答えするなとその裁縫しているものを奪いとってんね。兵隊が命をかけているときに不謹慎だと思わんのか。そして、三宅は君子(木村多江)のところにやってきて、家では花までかざっているそうだな。

君子が目を光らせてないからこんなことになるんだと怒られてんな。みんなが戦っていることを忘れるな。そういって厳しく指導を受けられてんね。家に戻ると、美子が君子に謝るねんな。外でつけるのは控えるように君子がいうねんね。

そして、怒りが収まらない常子は納得いかないと言い、一言言ってくるというねんな。せやけど、鞠子(相良樹)がやめるようにいうんやんな。口答えをすると配給を止められるからやめるよういうねん。しかし、常子はそれがおかしいというねん。

せやけど、鞠子は組長はどこもそんな風だというんやんね。とと姉ちゃんは、いつもまっすぐすぎる。やりすごすことで丸く収まることだってある。そう鞠子は訴えるねんな。

だったら、あのまま見て見ぬふりをすればよかったのという常子に、鞠子はもう少しいいやり方があったんじゃないのかというねん。すると、常子は鞠子は気が弱すぎるんだと言って喧嘩になっていくねんな。

君子が止めに入って、喧嘩してどうするの。穏やかにと言ってんな。そこに、隣の家の人がやってきて家の鶏が生んだといって卵をくれてんね。そして、組長のことを恨まないでねというんやんね。

ずっと届いてた息子からの手紙が来なくなったのでイライラしてたんだというねんな。美子は、卵をくれたことでお隣さんがいいひとでよかったというねんね。せやけど、鞠子はそうなのか。監視に来たのではないかと疑心暗鬼になっててんね。

家の中で、花を飾っていることを組長が知っているのはおかしいと言って不安がるねんな。もう、誰を信じていいのかわからないと鞠子はいうねん。君子はみんなそうなのかもしれへんというねん。

隣同士でも、疑いあって・・・。そうやって、常子たちも戦争によって追い詰められててんね。とと姉ちゃん75話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん76話の動画・あらすじにつづく。








とと姉ちゃん75話の感想!

とと姉ちゃん75話の動画・あらすじをまとめると、防空演習で組長に不満を感じる常子たちという回やってんね。また、その関係で鞠子と常子が口喧嘩になった回でもあってんな。

本当に、鞠子が言うように常子ってまっすぐで正義感強いですよね。あんな場所では、誰も何も言わへんってのが日本人のメンタリティーには多いような気がすんねな。

それでも、自分が正しいと思うことにどんどん進んでいくっところは常子の本当にいいところやんね。せやけど、鞠子の気持ちもわかってんな。その常子が止めに入らなかったら美子のこともなかったしね。

君子がボロカス言われることもなかってんな。そういった空気を読むってところが鞠子のいいところであるから、本来的には2人の相性はぶつかれへんねな。性格がまったく異なるから、鞠子がいつも一歩引いてうまくまわるっていうか。

せやけど、今回はさすがに配給がなくなるってことやったから、鞠子も黙ってれんかったんかもしれへんね。私も、どちらかというと鞠子タイプやから正義感でまっすぐに進んで行く人が時々、ええやんそれくらいって思ってしまうねん。

うちの場合は、完全に妻がその正義感が人一倍強い人やさかい、そんなことを思うことがけっこうあったりするんよね。おかしないって熱く語られたりするねんけど、まあそんなもんちゃうみたいに心では思ってたりすんねな。

せやけど、そんな関係だからこそうまくいってたりしてんねな。鞠子はそれぐらい追い込まれてるってことなんかもしれへんけどね。隣の卵をくれたことも見張りにきてるって思うぐらい追い込まれてるとなると、本当に重症やんね。

ただ、この時代みんながそうやって疑心暗鬼になってたんかもしれへんね。ずっと、その目黒に住んでいて周囲の人たちと関係性があるわけではないから余計そうなるんやんね。そうやって、民は本当は戦争から心が離れていってたんやろね、きっと、。

組長みたいに、軍が戦ってくれていると言って鼓舞してるけど、本当に民の心はついてきてないみたいな。今の北朝鮮なんかもそんな感じなんかもしれへんけどね。

本当に、戦争はすべての人の自由を奪いさってしまうねんからしんどいやんな。食べるものも困るし、警報もなるし。ずっと緊張してる状況が続いててんね、きっと。

戦争ってなんでするんやろ。みんながしたくないって思ってるのに、世界各地で起こってる。この現実とかけ離れた行動ってなんなんだろ。そんなことを感じたとと姉ちゃん75話やってんね。とと姉ちゃん75話の感想はここまで。とと姉ちゃん76話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(76話)「生きてることに感謝!」感想

とと姉ちゃん(74話)「鞠子の抑えている感情!」感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 13週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 14週のネタバレ・感想まとめ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)