とと姉ちゃん(63話)あらすじ「癒された大量のキャラメル」感想

キャラメル

おはようございます。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじ・動画をお伝えしてんね。その中の第63話(6月15日放送)の放送分の動画・あらすじ・感想になります。タイトルは「癒された大量のキャラメル!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじを下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん63話のあらすじ!

とと姉ちゃん62話の動画・あらすじで常子(高畑充希)が会社をクビになってしまうねんね。とと姉ちゃん63話はその続きからスタートしてんねな。常子は、早乙女朱美(真野恵里菜)に挨拶してんね。お世話になりました。

早乙女さんのおかげでここまでやってこれましたという常子。早乙女は、このご時世まっすぐ生きても報われないことばかりだと思うけど、負けないでください。そ常子に伝えるねん。

せやけど、常子は今はその言葉を受け入れることができないと言って、その場を去るねんね。タイプ室から去ると、給仕の坂田(斉藤暁)が聞いたよと言って、ありったけのキャラメルをもってきてんねな。

常子は、そのキャラメルもらって頭を下げ会社を後にしてんねな。なかなか気持ちの整理がつかない常子はなかなか森田屋に戻れへんねな。森田屋では、宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)が話をしててんね。

俺が話すそうそう重い空気の中、宗吉が言ってんねな。そこに常子が帰ってきてんねな。びっくりする2人。会社クビになっちゃったんでと明るくふる舞う常子。晩御飯の時、ひどい話だといってみんなが暗くなってんねな。

すると、鞠子(相良樹)と美子(杉咲花)が働くというねんね。せやけど、それだけはやめてほしいと2人に常子がお願いしてんねな。それから10日経過して、常子は滝子(大地真央)を訪ねて青柳商店に向かってんねな。

しかし、滝子が陸軍に呼ばれてるといって清(大野拓朗)と隈井(片岡鶴太郎)がいうんやんね。そこに滝子が戻ってきてんねな。ああ常子と滝子がそういった瞬間、滝子は倒れてしまうねんね。

滝子は横になって、寝ててんね。そして、隈井がなんかあったんですかと聞くと、お国のために死んでくれとさ。そういう滝子。材木が軍用資材が不足していて、価格の半額で木材を供出するように供出されたというねんな。

軍に逆らうことができないとOKしたという滝子。こうしてはいられないといって滝子は、厳しい体にムチをうって商店会の寄り合いに参加するというねん。

深川で商いをするものが集まるその会では、幹事月なので青柳商店が仕切ってんねな。その会では、今回の陸軍の仕打ちがひどく、みなが商いかえや店をつぶすもんが多くいててんね。

深川で一番の老舗の店もたたむというんやんな。まつ(秋野暘子)がうちの最後のお得意様だというんやんね。照代が宗吉に何かを言うように促してるねんな。

せやけど、宗吉が言わないことから照代が森田屋も店をたたもうと思ってるというねんな。深川から高崎に移転するつもりだというねんね。森田屋に戻ると、まつが勝手なこというなと怒ってるねんね。

まつの承諾なしに勝手なことをしたと怒り狂うねんな。照代は家賃も払えないこの状況で、続けていくのはもう無理だというねんな。高崎は軍事産業が盛んで弁当を買ってくれる人も多いというねんな。

宗吉も時流が変わればまた東京に戻ってくることもできる。それまで、いったん高崎に引っ込もうと・・そう説得するねんけど・・・まつは首を決して縦にはふらへんねな。常子たちは、君子(木村多江)が滝子に頼んで住まわせてもらうというねんな。

まつは、どうしても反対してるもんだから照代が富江(川栄李奈)のお腹には赤ちゃんがいるというねんな。宗吉もそのことについては知らなかったようで、相手は従業員の長谷川やってんね。

長谷川が土下座して、宗吉に頼みこむねん。とと姉ちゃん63話の動画・あらすじはここまで。とと姉ちゃん64話の動画・あらすじにつづく。








とと姉ちゃん63話の感想!

とと姉ちゃん63話の動画・あらすじをまとめると常子が会社をクビになったことをみんなに伝える回やってんね。そして、時代は戦争の足音が聞こえてくる状況なので、青柳商店も森田屋も苦しい。

そんな中で、森田屋が高崎に移転する騒動が勃発して、そこに富江が妊娠していることが判明した回やってんな。せやけど、常子のクビはどうしても受け入れられへんわいね。早乙女の負けないでくださいも受け入れられへんっての本当に気持ちがわかんねな。

自分の責任やあれへんのに同僚に裏切られてクビになるってのはどうしても納得いかへんわいね。家族になんて話そう。どうふるまおう。そんなことしか考えられへんわいね。でも、坂田がキャラメルたくさんくれたんに私の心は少しだけ癒されてん。

ただ、森田屋に戻っても明るくふるまっている常子を見るとなんか痛々しい気持ちになるんやんね。どうしても、無理してるんちゃうやろかって?性格的に無理するタイプやからね常子って。

こんな時に星野武蔵(坂口健太郎)みたいに話しをできる相手がいてたらだいぶ気分が楽になるねんけどね。いてへんからどうしても辛いやんね。

また、戦争の影があって君子が住み込みで働いてた森田屋も移転という話になってんねな。まつだけは反対してて、どうしても賛成できひんような状況やねんけど・・・

富江の妊娠ってこのタイミングでどえらいことぶち込んできてんねな。これで、流れが変わるかもしれへんな。どうだろ?まつも納得するようになるんやろか?戦争の足音が聞こえてきてて、青柳商店も厳しい状況やんな。

今後とと姉ちゃんはどこに向かっていくのか?常子はこんな状況の中、仕事が見つかるんやろか?暗い話題ばかりやねんけど、唯一の明るい話が富江の妊娠なんかもね。とと姉ちゃん63話の感想はここまで。とと姉ちゃん64話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(64話)「照代が後押しする富江の結婚!」感想

とと姉ちゃん(62話)「悲しみに暮れるクビ切り!」感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

とと姉ちゃん 11週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 12週のネタバレ・感想まとめ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)